はじめての犬

犬を飼う時の初期費用はいくらかかる?揃えたい飼育グッズと必要経費

悩む女性

犬を迎え入れようか悩んでるんだけど、『初期費用』がどのくらい必要なのか気になるな…。

うっき

犬を迎え入れるか決めるのに初期費用は重要になってきますよね。本記事で詳しく解説していきます。

これから犬を家族に迎え入れようと考えている方は、『初期費用がどのくらいかかるのか』気になりますよね?

僕もそうでしたが、犬を初めて迎え入れる人にはどのような飼育グッズが必要で、どのような経費がかかるのかわからないことが多いものです。

犬を迎え入れるにあたって、ハウスやトイレなどの備品だけでなく、ワクチン接種や犬の登録なども行わなければいけません。

結論からいうと、犬を迎え入れる時の初期費用は、犬の個体費を差し引いたら〝約5万円〟ほどかかると考えておきましょう。

※小型~中型犬の場合で考えています。

本記事では、犬を家族に迎え入れるにあたって、初期費用の詳しい内訳(揃えておきたい飼育グッズや必要経費)を説明していきます。

この記事がおススメな人
  • 犬を飼う前に初期費用を知りたい人
  • 犬を飼う前に揃えておく飼育グッズを知りたい人
  • 初期費用を知って家族を説得したい人

犬の初期費用:飼育グッズ

犬を迎え入れる前に必要となってくる飼育グッズを揃えておきましょう。

犬をペットショップや施設に迎えに行った帰りに、お店に寄って買い物をしていたら犬へのストレスや負担になるので、事前に揃えておくのがベストですね。

まずは必ず必要になってくる、サークルやトイレ、食器などの〝食住〟に関するものを用意しましょう。

必要グッズ金額備考
サークル¥5,000~トイレと寝床は分けましょう
クレート¥3,000~車で出掛ける時にも利用できる
トイレ¥1,500~身体全体が入るサイズがいい
トイレシート¥1,500~吸収力と消臭効果が高いものがおススメ
食器¥1,000~ご飯用と水を飲むようを用意
フード¥3,000~迎え入れた場所と同じものを与えよう
おもちゃ¥1,500~かじるおもちゃは多めに用意
犬用ベッド¥1,000~犬がゆっくり休める場所
滑り止めマット¥5,000~犬の行動範囲だけでもOK
その他日用品¥1,500~ウェットティッシュや除菌スプレーetc
合計24,000~
※表はあくまでも目安です。食器・首輪・おもちゃなどは100均でも購入できます。

①サークル

トイレを覚えさせたり、長時間留守番させるときに必要です。

長時間留守番する時はトイレやベッドを入れても動けるスペースがあるといいですね。

トイレを仕切れるタイプのものだと、トイレを覚えやすいという利点があるのでおすすめです。

フェンスで囲うだけでも大丈夫ですが、犬が飛び越えない高さのものを用意した方がいいでしょう。

ぺこ

あたちは仕切りタイプのサークルでトイレを覚えたよ♪

②クレート

動物病院へ出掛けるとき、車や電車で出掛けるときに活躍します。

そのままサークルの中に置いて、犬のハウスにしてもOKです。

ふく

ぼくたちは狭くて薄暗いところが落ち着くよ♪

うっき

犬を迎えに行くときもクレートがあると準備OKです。

③トイレトレー

トイレシートを敷いて使用します。大きさは身体全体が収まるものを選びましょう。

メッシュのプレートが付いているタイプだと、イタズラでペットシートを破かれる心配もありません。

また、トイレを覚えやすいという利点もあるので、なかなかトイレを覚えてくれない場合はメッシュのプレートが付いたトイレを使用していましょう。

うっき

身体のサイズに合っていないと、はみ出したりトイレを失敗する原因になってしまいます。

アイコン名を入力

メッシュのプレートを踏んだ感触で『ここがトイレだ!』ってわかるようになるんだよ♪

④トイレシート

トイレシートは、1日に2〜3回くらい交換します。

吸収力や消臭効果が高いペットシートがおススメです。

家で使用する他にも、外出先でも使用できるので多めにストックしておくといいですね。

うっき

レギュラーサイズ・ワイドサイズがメインなので、トイレに合ったサイズを選びましょう。

⑤食器

ご飯用と水用の食器を用意しましょう。

迎え入れた場所で給水器を利用していたら、はじめのうちは給水器を使用して徐々に食器で水を飲めるように慣らしていきましょう。

うっき

犬の犬種や鼻の形によって食器を選びましょう。(鼻ペチャ用の食器などが売っています)

⑥フード

ペットショップから迎え入れる場合も保護犬を迎え入れる場合も、はじめのうちはショップや施設で与えていたフードを与えるようにして下さい。

いきなり違うフードに切り替えると、ニオイや食感の違いからフードを食べなくなってしまう犬もいます。

フードを切り替える時は、少しずつ混ぜて新しいフードに切り替えていきましょう。

【⇓フードを食べなくなった時は〝犬用ふりかけ〟をトッピングしてみましょう⇓】

https://wankomi.com/dog-topping/

⑦おもちゃ

遊び道具・ストレス発散のために犬用おもちゃを用意しておきましょう。

特に〝かじるタイプのおもちゃ〟はたくさんあった方がいいです。

甘噛み期には、家具や壁の端っこを噛んだり靴下や飼い主の手まで噛んでしまうこともあります。

噛んでいいもの・悪いもののメリハリをつけて遊んであげることで、だんだんと良い悪いを理解してくれるようになりますよ。

【⇓噛むのが好きなわんちゃん向けに、丈夫な噛むおもちゃを紹介しています⇓】

丈夫で壊れにくい犬の噛むおもちゃ【おすすめ7選】与えすぎに注意!丈夫で壊れにくい犬の噛むおもちゃを知りたいですか?本記事では、犬の噛むおもちゃのおすすめを7つ厳選して紹介しています。噛む力が強い愛犬に悩んでいる飼い主さんは必見です。...

⑧犬用ベッド

サークルの中に入れておいたりして、犬がゆっくりリラックスできるように犬用ベッドを準備しておきましょう。

小型犬用の安いものだと、約\1,000で販売してるもの、100円ショップでも販売されています。

うっき

犬がゆっくり休める場所があればOKなので、サークル内にタオルを敷いておくだけでも大丈夫です。

⑩その他日用品

その他、以下のような日用品も必要になってきます。

  • エチケット袋
  • ウェットティッシュ
  • 消臭スプレー etc.

必ずしも初めからトイレで排泄してくれるわけではないので、トイレ周りを掃除するような日用品も準備しておきましょう。

【⇓その他、徐々に揃えておきたいものやあると便利なものは別記事で紹介しています⇓】

犬を初めて飼う人が準備しておきたいもの26選!これさえあれば大丈夫!犬をはじめて飼う人は、何を準備したらいいのかわからないですよね?本記事では、犬を家族に迎える時に揃えておきたい犬用グッズを紹介します。はじめて犬と暮らす方は是非参考にしてみて下さい。...

犬の初期費用:必要経費

犬にかかる初期費用は生活用品だけではありません。

犬の登録やワクチン接種など、自治体で必要な手続きや動物病院でかかる費用もあるので頭に入れておきましょう。

項目金額備考
蓄犬登録¥3,000~地域によって金額は異なる
狂犬病予防注射¥3,550~注射済票代¥550込み
混合ワクチン¥16,000~1年目は2~3回
健康診断¥3,000~病院や検査項目により異なる
合計¥25,550~
※表はあくまでも目安です。地域や病院によって金額には差があります。

蓄犬登録

犬を迎え入れて狂犬病の予防接種を行ったら、予防接種後の30日以内にお住いの市区町村に『犬を飼いました!』という登録をしなければいけません。

飼い犬を登録する目的は、犬の飼い主を明確にすることです。

もしも犬が逃げ出してしまった時に鑑札を首輪などに装着しておくと、すぐに飼い主を見つけることができます。

うっき

万が一に備えてちゃんと畜犬登録を行い、鑑札と狂犬病予防注射済票を貰ったら首輪やハーネスなどに装着しておきましょう。

狂犬病予防注射

狂犬病にかかった犬に咬まれると、ウイルスによって麻痺や幻覚などの神経症状を引き起こしてしまいます。

人にも感染してしまい、最悪の場合死に至る恐ろしい病気です。

自治体で行う集合接種か動物病院でも接種できます。

うっき

狂犬病予防接種は必ず受けないといけないので忘れないように注意しましょう。

【⇓狂犬病予防接種、集合接種と動物病院で接種する場合のメリット・デメリットを紹介⇓】

狂犬病予防注射は動物病院と集合どっちがいい?メリットとデメリット狂犬病予防注射を動物病院と集合のどちらで接種しようか悩んでいませんか?本記事では、狂犬病予防注射を動物病院と集合で受ける場合のメリットとデメリットを紹介しています。...

混合ワクチン

死亡率が高い感染症を一度の注射で複数予防できるのが混合ワクチンです。

犬を迎え入れる場所で1回目を打っている場合は、動物病院で2回目以降を受け、計3回受けたらそれ以降は〝年に1度〟のペースで追加接種を行います。

注射の種類や料金は愛犬の大きさや住んでいる地域を考慮し、動物病院によって異なってきます。

うっき

愛犬の健康のためにも、毎年1回の混合ワクチンを摂取しましょう。

健康診断

犬を家族に迎え入れてから1週間を目安にして、犬が環境に慣れたら1度健康診断に行きましょう。

動物病院によって診断内容や料金が異なってきますが、健康診断では身体検査や便検査などを行います。

うっき

相談したいことがあったら遠慮せずに獣医師さんに聞くと良いでしょう。

まとめ:準備万端で犬を迎え入れよう

『犬の初期費用のポイント』
  • 飼育グッズは事前に準備しておこう
  • ワクチン接種や犬の登録料がかかる

犬の個体費を差し引いたら、初期費用は約5万円前後はかかると考えておきましょう。

(最近では100均で買える飼育グッズも増えたので節約できる部分もあります。)

飼育グッズは犬を迎える前に準備しておいて、家に迎え入れた時に精神的・体力的にも負担が無いようにしておきましょう。

そして、蓄犬登録や狂犬病予防注射、混合ワクチンなどは忘れずに行うようにして下さい。

これから家族の一員となる犬のためにも、しっかり準備して迎え入れてあげましょう。

項目金額
飼育グッズ¥24,000~
必要経費¥25,550~
合計金額¥49,550~
※表はあくまで目安なので参考程度にご覧ください。我が家ではもう少しかかりました。

ABOUT ME
うっき
はじめまして。当ブログの運営者『うっき』です。2頭のパピチワ(パピヨン×チワワ)と暮らして早5年、様々な犬グッズを購入してきました。当ブログでは、我が家で試した犬グッズの特徴や使用した感想を、愛犬家の皆さんへ紹介しています。犬グッズの紹介・口コミサイト【わんコミ】をよろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。