犬との暮らし方

【犬の爪切り】ギロチンとニッパーどっちがいい?メリット・デメリット

悩む男性

犬の爪切りを自分でやりたいんだけど、ギロチンタイプとニッパータイプってどっちがやりやすいのかな?

うっき

ギロチンタイプとニッパータイプの両方を使って愛犬の爪切りをするので、メリット・デメリットを紹介します。

犬の爪切りを自分でしようと考えている飼い主さん、ギロチンタイプニッパータイプなど、何種類かあるのでどれを使用したらいいのか悩んでしまいますよね?

本記事では、主に犬の爪切りで使用されているギロチンタイプとニッパータイプのメリットとデメリットを紹介します。

この記事がおススメな人
  • 犬の爪切りを自分でやろうとしている飼い主
  • 犬の爪切りを購入しようとしている飼い主

犬の爪切り『ギロチンタイプ』メリット・デメリット

我が家で主に使用している爪切りがギロチンタイプです。

使い慣れないので最初は怖かったのですが、慣れるとスパスパ切れるので気持ちが良いです。

デメリット

ギロチンタイプのデメリットは以下の通りです。

  • 脚を固定していないと危険
  • 巻爪のカットが難しい

ギロチンタイプの爪切りは先端の穴に爪を入れて、レバーを握ると刃が出てきて爪を切る仕組みになっています。

犬の脚をしっかり固定できていなければ、犬が脚を引いてしまったり暴れたりした時に深爪をして出血させてしまうことになります。

犬が暴れてコントロールできない場合は、ギロチンタイプは切れ味も鋭いので注意が必要です。

うっき

我が家の愛犬も脚を引いてしまうことがあったので、1度だけ深爪してしまったことがあります。飼い主も犬もトラウマになってしまうので注意しましょう。

また、巻き爪の場合はギロチンの穴に爪を入れにくいのでカットが難しくなってしまいます。

特に前脚の狼爪(ろうそう)は地面に接しないので伸びるのが速く巻き爪になりやすいですし、小型犬は狼爪が小さくギロチンタイプでは爪切りしにくいです。

なので、ギロチンタイプで狼爪を切る場合は慎重に行う必要があります。

うっき

僕は狼爪を切るのが苦手なので、上手く切れない時は動物病院で爪切りをしてもらっています。

メリット

ギロチンタイプのメリットは以下の通りです。

  • 弱い力で爪を切れる
  • 慣れると扱いやすい 

ギロチンタイプの爪切りは、握った時に力が伝わりやすいので弱い力でも爪を切ることができます。

大型犬の大きな爪や硬い爪でも、ギロチンタイプであれば力を込めなくても簡単に切ることができるでしょう。

うっき

そこまで力がなくてもカットできてしまうので、躊躇してしまうと逆に危険です。

また、ギロチンタイプは慣れると扱いやすくなります。

このような形の道具は今まで使用したことがなかったので、最初は使用するのが怖かったですが、慣れるとニッパータイプより扱いやすくなりました。

切れ味も鋭いし、微調整しながらカットすることも可能です。

うっき

一気にバツンッとカットもできますし、少しずつ調整しながらカットもできます。

犬の爪切り『ニッパータイプ』メリット・デメリット

ニッパータイプは、ギロチンタイプでカットできなかった部分をカットする時に使用しています。

デメリット

ニッパータイプのデメリットは以下の通りです。

  • 爪を切る時に力が必要 

ニッパータイプはギロチンタイプよりも爪を切る時に力が必要になります。

そのため、大きい爪や硬い爪を切るのに力が必要になってくるし、切り方が悪いと爪が割れてしまうこともあります。

爪切りが怖いからとビクビクしながら切っていると、力が弱くて爪が割れたりしてしまうので思い切って爪切りすることも重要です。

うっき

初めて爪切りした時は「犬の爪ってこんなに硬いの!?全然切れないじゃん!」と驚きました。

メリット

ニッパータイプのメリットは以下の通りです。

  • 初心者でも扱いやすい
  • 小さい爪・巻爪を切りやすい

ニッパータイプは人が使うハサミのように動かして爪を切っていきます。

使い方に慣れている分、初心者でも扱いやすいのがメリットです。

うっき

扱いやすい方が気持ち的にも余裕が出ますよね。

また、ギロチンタイプとは違って狭い場所にも刃が入るので、巻き爪や小さい爪を切りやすいです。

我が家でもギロチンタイプで切れなかった爪(狼爪)をニッパータイプで切ることがあります。

ニッパータイプの方が〝小回りが利く〟という感じですね。

うっき

犬がおとなしくしていなかったり、僕が怖くてニッパータイプでもカットできない時は、動物病院でカットしてもらっています。

まとめ:慣れるとギロチンタイプがカットしやすい!

犬の爪切りは、慣れるとギロチンタイプの方が扱いやすいです。

爪がどのくらい出ているか結構わかりやすいし、力も必要ないのでスピーディに爪切りができるようになります。

切れ味が鋭い分、深爪しないように脚をしっかり保持しながら爪切りしなければいけないので、慎重に愛犬にストレスがかからないように爪切りしていきたいですね。

これから愛犬の爪切りにチャレンジしようとしている飼い主さんは、ギロチンタイプとニッパータイプの両方を準備して使い分けてみるといいでしょう。

【⇓爪切りで愛犬が暴れてしまう時は、以下の方法を試してみましょう⇓】

犬のバリカンは自宅でできる!素人がトリミングするときの注意点愛犬のバリカンカットを自宅で行いたいと考えていますか?本記事では、素人が愛犬をトリミングする時の注意点やコツを紹介します。...
ABOUT ME
うっき
はじめまして。当ブログの運営者『うっき』です。2頭のパピチワ(パピヨン×チワワ)と暮らして早5年、様々な犬グッズを購入してきました。当ブログでは、我が家で試した犬グッズの特徴や使用した感想を、愛犬家の皆さんへ紹介しています。犬グッズの紹介・口コミサイト【わんコミ】をよろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。