日々のお手入れ

犬のバリカンは自宅でできる!素人がトリミングするときの注意点

悩める主婦
悩める主婦
初めて犬のトリミングをやろうと思っているんだけど、素人でも自宅でトリミングできるのかな?
うっき
うっき
このような悩みを解決していきます。

 

犬の換毛期や夏の暑い時期になると『サマーカット』といって、犬の毛をバリカンで短く刈り込む飼い主さんが多くなってきました。

プードルやチワワなどトリミングが必要な犬種を飼っている家庭は、定期的にペットサロンを利用しなければいけないので、トリミング代の出費が結構多くかかってしまいますよね。

うっき
うっき
飼い主さんの美容院代よりワンちゃんの方が高くつく…なんてことも多いのではないでしょうか?

 

もし「犬のトリミング代の出費をもう少し抑えたい」と考えているのなら、自宅でのトリミングに挑戦してみてはいかがですか?

愛犬のトリミング、我が家では自宅で自分たちで行っています。

もちろん、プロのように完璧にトリミングは行うことはできませんが、自分たちで行うことによってトリミング代の節約にもなるし、愛犬とコミュニケーションをとることもできますよね。

 

本記事では、愛犬がおとなしくトリミングをさせてくれるようになる方法と、素人が自宅でトリミングする際の注意点を紹介します。

この記事がおススメな人
  • トリミング代の出費を抑えたい人
  • 自分で愛犬のカットをやってみたい飼い主
  • 犬がトリミング中に暴れて困っている飼い主

 

大人しくトリミングさせてくれるようになる方法

被毛のカットの他にも足裏カットや肛門周りの毛は定期的にカットしなければいけませんよね。

それだけのためにペットサロンに行くのも面倒だし、「このくらいできれば自宅でやりたいな」と考えている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

自宅で愛犬のトリミングを行う時に、大人しくトリミングさせてくれるようになる方法は以下の通りです。

  1. おやつをあげてたくさん褒める
  2. 口輪を着けてトリミングする
  3. 高いところでトリミングする

これらの方法を詳しく解説していきます。

 

①おやつをあげてたくさん褒める

我が家の愛犬は、《おやつをあげる&たくさん褒める》ことを繰り返しただけでカットを嫌がることが減りました。

はじめのうちは、バリカンの音を怖がったりバリカンが身体に触れるのを嫌がったりしていました。

うっき
うっき
痛くもないのに「キャンッ!!」と嫌がって嘘鳴きすることもありましたよ。

 

なので、「いい子だね。えらいね。」と声を掛けながら、5分おきくらいにおやつを与えながらトリミングしました。

これを辛抱強く繰り返すことで、『我慢したらいいことがある』と犬が学習していきます。

その結果、我が家の愛犬はカットの準備をしているだけで尻尾を振りながら近寄ってくるようにまでなりましたよ。

ふく
ふく
バリカンでブーンってされたらおやつが貰えるから我慢できるよ♪
ぺこ
ぺこ
ちょっと嫌なこともあるけど、おやつの為なら頑張れるよ♪
うっき
うっき
いい子でトリミングできるようになってきたら、徐々におやつを与える回数を減らしていきましょう。

 

②口輪をつけてトリミングする

 

我が家の愛犬は肛門腺絞りや爪切りを行う時は、〝恐怖心〟の方が強いからか、興奮して攻撃的になることもありました。

トリミング中に暴れると、犬も飼い主も怪我をしてしまうリスクがあるので注意しなければいけません。

なので、愛犬が暴れてしまってトリミングができない時は、『口輪』を装着して大人しくしているうちにトリミングしていきましょう。

うっき
うっき
個体差があるかもしれませんが、口輪を装着することで大人しくなるし手を噛まれる心配もなくなります。

 

例えばバリカンでカットする時に愛犬が暴れる場合

  1. 口輪を装着してバリカンで少しカットする
  2. 口輪を外しておやつを与える(褒めることも忘れずに!)

これを繰り返していくうちに、だんだんと興奮することが減っていきます。

 

我が家の愛犬は、肛門腺絞りの時にこの方法を繰り返し行った結果、今では口輪無しでも肛門腺絞りができるようになりました。

「口輪なんて可哀そうでできない」と思うかもしれませんが、犬も飼い主も怪我をしてしまったら元も子もありません。

ずっと口輪を装着したままにするのではなく、口輪が外せるように〝おやつ〟を上手に利用しながらトリミングしていきましょう。

ふく
ふく
肛門腺絞りまだ怖いけどさ、我慢したらおやつ貰えるからぼく頑張るよ♪
ぺこ
ぺこ
あたちは爪切り頑張るね♪

 

③高いところでトリミングする

犬は高いところや足元が安定しないところが苦手なので、その性質を利用して高いところでトリミングをしてみましょう。

我が家でも足裏カットや爪切りは、椅子や洗面台の上など高いところに乗せておこなっています。

それに、少し高い場所の方が飼い主もトリミングしやすいはずです。

うっき
うっき
飛び降りないようにしっかり身体を抑えたり、二人一組でトリミングしましょう。

 

リードを繋げておけるトリミングテーブルも販売しているので、興味がある人は試してみて下さい。

プロになった気分でトリミングできそうですね。

 

素人が犬のトリミングをする時の注意点

自宅で簡単にトリミングをするには『バリカン』がとても便利です。

ずーっとハサミでカットしていくのは時間がかかって疲れるし、何より長さを揃えるのが難しいので技量が必要になってきます。

バリカンなら好みの長さに調節してスムーズにカットできるし、毛玉も簡単に処理できるので【安全・安心】です。

 

ここでは、主にバリカンを使用する際の注意点を身体の部位毎に紹介していきます。

  1. 顔や首回り
  2. 身体
  3. 足裏カット
  • バリカンのお手入れをしよう

 

①顔や首回り

目や口元にはシワが多いので、皮膚を一緒に切ってしまわないように気を付けながらカットしましょう。

バリカンを持っていない方の手で皮膚のシワを伸ばすようにしてゆっくりカットしていきます。

毛の流れが変わるところにバリカンを入れるとガタガタ(虎刈り)になってしまうので、少しバリカンを浮かせたりハサミを使用してカットするのがおススメです。

うっき
うっき
顔周りのカットが怖くてできない時は、顔周りだけトリミングにいくのもいいと思います。

 

②身体

身体の毛を上から下まで一気にバリカンを入れようとすると、上手にカットすることができません。

なので、毛の流れに沿ってバリカンを少しずつ動かしながら処理していくのがコツです。

背骨周りや皮膚のやわらかいお腹周りは、刃が当たらないように注意してバリカンを入れていきましょう。

ふく
ふく
いくら犬が痛みに強いといっても、背骨に当たったらやっぱり痛いよね。
ぺこ
ぺこ
お腹周りは毛が少ないから、皮膚にダメージを与えないように気を付けてね!

 

③足裏カット

足裏カットは犬がフローリングで滑らないようにすればいいわけなので、できなければ無理に肉球の間までカットすることはないです。

定期的に足裏をチェックして、滑って怪我をする前に表面だけでもカットしてあげましょう。

肉球の間までカットしたい場合は、バリカンを持っていない方の手で肉球を開いて優しくバリカンを入れていけばOKです。

指の間の毛も同様にカットしていきましょう。

うっき
うっき
怪我をさせてしまうと炎症を起こしたり膿んだりすることもあるので慎重に行いましょう。

 

我が家の犬もそうだったのですが、足の裏は繊細なのではじめのうちはバリカンを当てられるだけで嫌がる子もいると思います。

足を触られるのを嫌がる犬もいるほどなので、足裏カットを嫌がる時は、先ほど紹介した方法で徐々にバリカンに慣れさせていきましょう。

うっき
うっき
今では足裏カットも嫌がらずにさせてくれるようになりました♪

 

④シャンプーのあとにトリミングする

身体をバリカンでカットする時は、シャンプーの後にトリミングするのがおすすめです。

その理由は以下の通り

  • 毛のもつれをほぐすことができる
  • 毛が立つので長さを揃えやすい

毛玉ができていたり絡まっている場所をカットすると、その箇所だけ長さがバラバラになることがあります。

また、シャンプーをすることで脂でぺたーッとしている毛がフワフワと立つので、長さを均一に揃えやすいというメリットがあります。

うっき
うっき
見栄えをキレイにしたい飼い主さんはシャンプーのあとにカットしましょう。

 

バリカンのお手入れをしよう

ペット用バリカンは汚れやすいので、使うたびにキレイに洗って清潔に保ちましょう。

丸洗いできるものが面倒もなくお手入れしやすいので便利です。

 

また、しっかり手入れしないと毛詰まりや錆の原因になるので、以下のようにしっかりお手入れをしましょう。

  • 洗ったら乾燥させてから収納する
  • 付属のブラシで入念に掃除する
  • 切れ味を保つために注油する

手入れを怠ると、刃の入りが悪くなったりして愛犬の皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。

愛犬が快適にトリミングできるようにバリカンのお手入れはしっかり行っていきましょう。

 

まとめ:素人でも自宅で犬のトリミングはできる!

自宅でトリミングするコツ
  • 『おやつ&褒める』を根気よく続ける
  • 口輪をして大人しいうちにカットする
  • 高い場所が苦手という性質を利用する

 

はじめのうちは犬が嫌がったりするのは当たり前です。

それでも根気よく『褒めておやつを与える』ことを繰り返すことで、犬は「大好きなご主人に褒めてもらえるし良いことがあるぞ♪」と学習して、大人しくトリミングさせてくれるようになりますよ。

 

自宅でのトリミングはトリミング代の節約になるだけではありません。

愛犬が大好きな飼い主と過ごせる時間でもありコミュニケーションツールでもあるのです。

自宅でトリミングをしたいと考えている飼い主さん、愛犬がトリミング中に暴れてしまうのであれば、ここで紹介した方法を根気強く試してみて下さい。

テキストのコピーはできません。