犬との暮らし方

【ドッグゲートDIY】キッチン侵入防止の犬用室内フェンスを手作り!

  • 愛犬がキッチンに侵入しないように柵を手作りしたい!
  • ドッグゲートをDIYしたいんだけど、どんな風に作ろうかな?
  • 他の飼い主さんてどんなペットフェンス使ってるんだろう…

このような疑問にこたえていきます。

犬と暮らしていると和室・キッチン・寝室・階段など、犬に侵入されたくない場所って出てきますよね?

ペットフェンスを買ってきて設置してみたけど「サイズが合わない!」とか「フェンスを跨ぐのが面倒くさい!」ということも・・・

それならいっそのこと自分で作製してしまおうと思い、キッチン侵入防止用のドッグゲートを今まで3回ほど手作りしてきました。

そして今回、ドッグゲートDIY最終章ということで、結構本格的にドッグゲートをDIYしたので紹介します。

ドッグゲートを手作りしたいと考えている飼い主さん、是非参考にしてみて下さい。

ぺこ

これで完全にキッチンに入れなくなっちゃった…

ふく

つまみ食いできなくなっちゃたね

【⇓初めてのドッグゲートは100均アイテムで作製しました⇓】

犬用の柵(ペットフェンス)は100均アイテムで簡単に作製できる!ペットフェンスを100均アイテムで作製したいと考えていますか?本記事では、犬用のペットフェンスを100均アイテムのみで作製する方法を紹介しています。低コストでペットフェンスを用意したい方は参考にして下さい。...

ドッグゲートの作り方

ドッグゲートを作製するにあたって、家族から要望がありました。

  • 安っぽくないこと
  • 開閉できること
  • 頑丈であること

この要望に応えるために、行き当たりばったりでDIYしてきた僕が設計図から作製してみました。

設計図作製

設計図といっても、とても簡単な図を書いただけ・・・

今まで木材の幅とか計算せずにDIYしてきたので、(かなりの面倒臭がり)今回は寸法もしっかり測って計算しながらDIYしていきます。

「木材の長さとか隙間などがわかればいいかなぁ」くらいの設計図になってますが・・・

壁に傷をつけたくなかったのと、扉を人が通れるくらいのサイズにしたかったので、左側はラブリコを使って柱的な役割と収納スペースをつくって3分の2くらいを扉にしようと考えました。

準備するもの

準備するものは以下の通り

  • 木材 SPF材(2×4・1×4)
  • ラブリコ
  • 塗料
  • ノコギリ
  • ヤスリ
  • 木ネジ
  • ドライバー
  • 刷毛
  • 蝶番

これくらいあればDIYできますが、丸鋸・電動サンダー・インパクトドリルなどがあると時短になるしカットした時の誤差が出にくいです。

今回は木材・ラブリコ・蝶番のみホームセンターで購入し、他は家にあったものを使用しました。

うっき

木材だけで約¥3000くらいでした。

木材をカットする

まずは木材をカットしていきます。

1×4材 6フィート(約182㎝)を6枚使用、2×4材は8フィート(約244㎝)をラブリコの設置に合わせて2本カットしました。

この量の木材はノコギリでカットするのはキツいと思うので、ホームセンターでカットしてもらうか丸鋸でカットするのがいいでしょう。

うっき

僕は丸鋸でカットしましたが、それでも若干曲がるし誤差がでます…

ヤスリ掛けする

木材をカットしたらヤスリ掛けをしていきましょう。

この工程は省いても大丈夫ですが、家族が出入りしたり犬もドッグゲートの近くまで来るだろうと想定して、ササクレなどで怪我をしないように表面がツルツルになるくらい丁寧にヤスリ掛けしました。

左:サンディングした木材  右:サンディングしていない木材

ヤスリ掛けした方の木材の方が若干白くなっているのがわかるでしょうか?(写真では伝わりにくいのが残念…)

ヤスリ掛けは、ペンキのノリがよくなったり木目がキレイに出るといったメリットもあるので、丁寧にやっておくと完成後に達成感があります。

この量のヤスリ掛けは手作業だと大変なので、僕は電動サンダーを使用してヤスリ掛けしています。

ペンキを塗る

ヤスリ掛けが終わったらペンキを塗っていきましょう。

キッチン侵入防止のドッグゲートになるので、「濡れた手で開け閉めすることもあるかな?」と思って屋外で使用するニッペの水性木部保護塗料を使用しました。

防虫・防腐・防カビなどの効果があるので、水で濡れてもすぐには劣化しないはずです。

水性で木目がキレイに出るところ、少し明るめのウォルナットで好みの色です。

【スポンジ刷毛ならキレイに濡れて後処理も楽です。スポンジ刷毛の特徴は別サイトの記事で紹介しています。】

組み立てる

ペンキが乾いたら組み立てていきましょう。

横板に縦板を等間隔で留めていきます。

写真のように同じ厚さの木材(1×4材)を間に挟んで木ネジで留めました。

斜めにも板を張り付けたことで、少しお洒落になりました。

これで扉は完成。

次に、柱の役割となる2×4材(2本)をラブリコを使用して天井と床に突っ張ります。

少しでも節約しようとアジャスター金具にしようと考えていましたが、カインズホームで安売りしていたのでラブリコを購入しました。

これで壁に穴を空けなくてすみます。

2×4材に設置する横板も、間に1×4材を挟みながら等間隔で留めていきます。

今回は横板を8枚貼ったところでやめましたが、後日、上まで横板を貼って背面に収納スペースを作ろうと考えています。

後ろにタマネギが…

2×4材の柱に蝶番で扉を取り付けて完成です。

今回はウエスタン蝶番というので扉を取り付けました。

カインズホームで2個入りで約¥400くらいだったと思います。

この蝶番がついているだけでお洒落な雰囲気が出ますね。

ちなみに2×4材に貼った横板と扉の横板は同じ高さになるように設計しました。

が・・・蝶番をつけた際に少しズレてしまいました。

扉が結構重たくなったので、一人で取り付けずに誰かに支えておいてもらった方がよかったですね。

ドッグゲート失敗したところ

ドッグゲート最終章ということもあり、今まで作ってきたものよりお洒落で丈夫にできたので大満足!

しかし、「失敗したなぁ」と思うところもあったので紹介します。

  • 扉の閉まる音が大きい
  • 蝶番を付けるところがネジ穴に近い
  • ペンキが少し臭い

扉の閉まる音が大きい

画像のように、マグネットを上下に付けて閉まるようにしたのですが

扉が重たいこともあって、「バチン!」っと音を立てて閉まってしまいます。

しかも勢いよく閉めると跳ね返ってちゃんと閉まらないという・・・

家族に「そっと閉める扉だよ」と話してあるのですが、この辺はいずれ直そうかと考えています。

うっき

何かいいアイテムないかなぁ

ぺこ

大きな音嫌いだから直してほしいな…

蝶番のネジ穴が他のネジ穴に近くなった

写真でもわかる通り、蝶番のネジ穴が横板を留めたネジ穴と近くなってしまいました。

「ネジ同士がぶつかってちゃんと留められないんじゃない!?」とヒヤヒヤしましたが、なんとか板の中心で留めることができました。

細かいところもちゃんと設計しながら作らないとダメだなと勉強になりました。

うっき

それにしても、ウエスタン蝶番ってお洒落だなぁ

ふく

ママも気に入ってたよ♪

ペンキが少し臭かった

3つ目の失敗は屋外用の塗料を使用したこと。

家に余っていた塗料で早く使い切りたいということもありましたが、水性でニオイも少ないし大丈夫だろうと思っていました。

しかし、鼻のいい妻は「ちょっと臭いね…」と話していたので、愛犬たちはもっと臭かったのではないかと・・・

妻が言うには3日ほどでニオイは気にならなくなったそうです。

まとめ:お洒落な開閉式のドッグゲートが完成!

ドッグゲート集大成として、個人的には大満足な出来となりました。

家族も喜んでくれましたが、そのうち「扉が閉まる時の音がうるさい!」と言われそう・・・

なので、扉のロックをどのように変えようか、あとはウエスタン調の取っ手を付けようか考え中です。

変更点があれば記事を更新したいと思います。

これからドッグゲートを作製しようと考えている飼い主さん、ドッグゲートの構造やDIYに使用した道具など、是非参考にしてみて下さい。

ABOUT ME
うっき
はじめまして。当ブログの運営者『うっき』です。2頭のパピチワ(パピヨン×チワワ)と暮らして早5年、様々な犬グッズを購入してきました。当ブログでは、我が家で試した犬グッズの特徴や使用した感想を、愛犬家の皆さんへ紹介しています。犬グッズの紹介・口コミサイト【わんコミ】をよろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。