犬との暮らし

子犬の『肛門腺絞り』いつからやる?頻度とタイミングは?素人でも自宅でケアできます!

犬を飼う時に、ペットショップや施設のスタッフさんに『肛門腺絞り(こうもんせんしぼり)』について詳しく説明された方も多いのではないでしょうか?

しかし、いざ自分で肛門腺絞りをやろうとすると、わからないことばかりで怖くなってしまうものです。

  • 愛犬が暴れて上手くできない!
  • 素人でもできるの?

などと、自分で肛門腺絞りをやりたくても上手くできない飼い主さんも多いことでしょう。

結局、動物病院でやってもらったり、トリミングの際に一緒にやってもらったり・・・

初めは怖かったですが、徐々にコツをつかんできました。

そこで本記事では、

  • 子犬の肛門腺絞りはいつからやる?
  • 肛門腺絞りってどのくらいの頻度でやったらいいの?
  • 肛門腺絞りを自分でやってみたいんだけど素人でも大丈夫?

と考えている飼い主さんに向けて、肛門腺絞りの頻度やタイミング、素人でも自宅で肛門腺絞りを行う方法を紹介します。

肛門腺絞りを知らないという飼い主さんに向けて、まずは犬の肛門腺絞りについて解説します。

犬の『肛門線絞り』って何?

そもそも、犬の『肛門腺絞り(こうもんせんしぼり)』という言葉すら「聞いたことがない!」という飼い主さんも多いのではないでしょうか?

肛門腺絞りとは犬のお手入れの1つで、

お尻の穴辺りをキューッと摘まんで分泌物を出すこと

をいいます。

僕自身も先住犬を迎え入れるまで肛門腺絞りのことを知りませんでした。僕のように犬を迎え入れてから肛門腺絞りという言葉を聞いたという飼い主さんも多いことでしょう。

肛門腺絞り初心者の方へ向けて、まずは肛門腺絞りについて解説します。

子供の頃に実家で犬を飼っていたけど、肛門腺絞りなんて親がやっているのを見たこともなかったです。

犬の『肛門腺絞り』について

先ほども伝えましたが、肛門腺絞りとは、名前の通り肛門腺をキューッと指で摘まんで分泌物を絞り出すことをいいます。

犬の肛門の左右(だいたい4時と8時の位置)には『肛門腺(こうもんせん)』と呼ばれる臭腺があり、そこには独特なニオイがする分泌物が溜まっています。

この独特なニオイがする分泌物には、

  • 犬が自分のテリトリーにニオイをつける
  • おしりのニオイを嗅ぎあって挨拶する
  • ニオイで個体を識別する

といった役割があります。

犬がお尻のニオイを嗅ぎ合うのにはこんな理由があったんだね! 

ふく

気になる子がいたらニオイを嗅ぎたくなるんだ!

ぺこ

お互いにお尻のニオイを嗅いだら、相性がいいともいえるよね♪

この分泌物を溜まったままにしておくと、犬の身体に危険があるので紹介します。

『肛門腺絞り』必ずやらないといけない?

肛門腺に溜まっている分泌物は、排泄する時に一緒に出たり興奮した時に出たりするものなのですが、小型犬などの筋力が弱い犬は自分で絞り出せないことが多いといわれています。

その為、自分で絞り出せない愛犬のかわりに飼い主が分泌物を絞り出してあげる必要があるのです。

ふき

ぼくは自分で分泌物を出せないからパパさんに絞ってもらわないといけないんだ。

ぺこ

あたちはウンチと一緒に出ることが多いよ。

下痢のようなドロッとした液体で、放置しておくといつの間にかタオルや飼い主の洋服に付いてしまっていることもあります。

自分で分泌物を出せない犬の場合、肛門腺絞りをしてあげないと犬の身体に危険があります。

肛門線絞りをやらずに長い間放っておくと、肛門に炎症を起こしたり肛門腺が破裂したりという病気になるリスクが増加するのです。

我が家の愛犬のように分泌物の溜まり方には個体差があるので、分泌物が溜まっているかどうかだけでも確認しておかなければいけません。

そこで気になるのが肛門腺絞りをする頻度とタイミングです。次章で説明していきます。

『肛門腺絞り』いつからやる?頻度とタイミング

肛門腺絞りをせずに放置しておくと、肛門に炎症を起こしたり肛門嚢が破裂するというリスクがあるということがわかりました。

そのような事態を防止するためには、肛門腺絞りをする頻度やタイミングを飼い主が見極める必要が出てきます。

『肛門腺絞り』いつからやる?

「肛門腺絞りは生後何カ月からやったらいいの?」と疑問に思う飼い主さんもいることでしょう。

特に「生後何カ月からやった方がいい」というものはありません。生後2ヵ月でも3ヶ月でも、溜まるようであれば絞ってあげる必要があります。

ちなみに我が家の愛犬をペットショップから引き渡してもらう時に、スタッフさんにお手本として肛門腺絞りを見せてもらいました。

生後3ヶ月でしたが、しっかり液体が出てきました。

『肛門線絞り』の頻度

肛門腺絞りの頻度は個体差がありますが、だいたい2週間〜1ヶ月程度を目安とするといいでしょう。

先程も述べましたが、分泌物が溜まるのには個体差があって、2週間経って絞ると大量に出る子もいるし1カ月経って絞ってもあまり出ない子もいます。

肛門腺が破裂するリスクを考えると、こまめに確認だけでもした方が心配はないですね。

大型犬の場合は排泄する時に分泌物が一緒に出ることがほとんどですが、小型犬は分泌物が溜まりやすい子が多いです。

「分泌物が溜まっているのはどうやってわかるの?」と疑問に感じると思うので、次章で肛門腺を絞るタイミングの見極め方を紹介します。

数をこなすうちに「そろそろ肛門腺絞りをやらないとな」とわかるようになってきます。

『肛門腺絞り』のタイミング

肛門腺に分泌液が溜まってくると、犬は以下のような行動を見せるようになったり症状がでたりしてきます。

  1. 床にお尻を擦り付けて歩く
  2. お尻を嗅ぐような仕草をする
  3. 肛門線がプクッと膨れている
  4. 犬が近くにいると臭い

分泌物が溜まってくると、だんだんお尻がむず痒くなってきてお尻を地面に擦り付けたり、自分でお尻の臭いを嗅ぐような行動をします。

他にも、愛犬が近くに寄ってきて「なんかウンチ臭い…」と感じたら、分泌物が溜まっているサインだと思って良いでしょう。

ただ単にお尻が痒くて擦り付けているだけの時もあるので見極めが難しいですが、お尻を床にスリスリしたら肛門を触ってみて、プクッと膨れている感じがしたらとりあえず絞ってみるといいです。

分泌物が出なくても、繰り返すうちに徐々に肛門腺絞りをするタイミングがわかってきます。

次は肛門腺絞りのやり方を見て行きましょう。

ふく

痛くないようにお願いします!

ぺこ

あたちは頑張って我慢します…

『肛門線絞り』やり方と注意点

「肛門線絞りは素人でもできるの?」と聞かれたら、答えは〝YES〟です。多少コツが必要で力加減が難しいところですが、やろうと思えば誰にでもできる犬のケアです。

「自分でやってみたい!」という飼い主さんは、愛犬との絆を深めるスキンシップにもなるのでチャレンジしてみましょう。

怖くてできないと感じたら無理せず動物病院やトリマーにやってもらいましょう。

『肛門腺絞り』のやり方

左手で尻尾を真上に持ち上げる(右利きの場合)

右手で肛門の4時と8時の辺りを親指と人差し指でつまむ

上(肛門)に向かって、ゆっくり押し出すイメージで絞り出す

(力の入れすぎに注意)

分泌物がピュッと出てきたら洗い流す

(分泌物は勢いよく飛び出すことがあるので、お尻の方向に立たないように!)

なかなか分泌物が出ないと、つい強く押してしまい『ギャンッ!』と犬を鳴かせてしまうことになるので、出ないときはあきらめも肝心です。

シャンプーの時に一緒にやるとニオイも汚れも一緒に洗い流せるのでおススメです。

『肛門腺絞り』嫌がる犬もいるので注意

肛門腺絞りをする時は尻尾を持ち上げる必要があるので、犬が気にして振り返ったりしてやりづらいこともあります。

犬の性格によっては肛門腺絞りが嫌いな子やお尻を触られること自体が嫌いな子も多く、興奮して攻撃的になることもあるので注意しましょう。

そのような場合は、

  • 高いところで行う
  • お尻にシャワーを当てながら行う
  • 口輪を装着して行う

といった方法で犬が大人しくなることがあるので、工夫しながら肛門腺絞りをやっていきましょう。

\『アヒルの口輪』のレビューはコチラで紹介/

OPPOオッポ『quackクアック』の口コミ&レビュー!犬のアヒル口輪の効果は?犬のアヒル口輪の効果を知りたいですか?本記事では、アヒル口輪を使用した感想や特徴を紹介しています。犬の口輪に興味がある飼い主さんは参考にしてみて下さい。...

また、愛犬と主従関係がしっかりとれていれば、「ご主人になら何をされても怖くないや」と信頼してくれるので、肛門腺絞りがやりやすくなります。

すんなりと肛門腺絞りができるように、しっかり訓練していくことも大切になってきます。

ふく

肛門腺絞り怖くなくなったよ♪

今では肛門腺絞りの時に唸ることがなくなりました。

\犬のしつけ教材『イヌバーシティ』で主従関係を見直そう/

『イヌバーシティ』口コミ&レビュー!評判や効果は?悪評はある?『イヌバーシティ』の口コミや評判を知りたいですか?本記事では、犬のしつけ教材『イヌバーシティ』の特徴や購入してみた感想を紹介します。...

『肛門腺絞り』ニオイと色

分泌物のニオイ、かなーーーーーりキツイです!我が家の愛犬の分泌物は、ガスのようなツーンと鼻にかかる臭いがします。

なので、シャンプーのついでに絞ったり、お風呂場で絞ってすぐにお尻を洗い流すことをおススメします。

換気もしっかり行って肛門腺絞りをやりましょう!

ほとんどの場合、分泌物はドロッとした茶色や緑っぽい色をしています。

なので、初めて肛門腺絞りをする飼い主さんは分泌物が変な色をしていても「これって病気?」と驚かなくても大丈夫です。

ペットショップのスタッフさんに「お尻からエイリアンが出ます!」と言われたのを覚えています(笑)

『肛門腺絞り』いつからやる?頻度とタイミング|まとめ

  • 肛門腺絞りの頻度は2週間~1か月程度が目安
  • お尻を床にする仕草がある
  • 独特なニオイがでたら絞るタイミング
  • 肛門腺がプクっと膨れる
  • お尻のニオイを気にしている
  • 嫌がったり暴れたりする犬もいるので注意
  • ニオイや色にビックリしないで大丈夫

以上のことを頭に入れて愛犬の肛門腺絞りを行いましょう。あなたの愛犬も信頼できる飼い主にやってもらえればうれしいはずです。

自分で《肛門腺絞り》ができれば、自然と愛犬との信頼関係も深まっていくことでしょう!

『自分で肛門腺絞りをやってみたい!』と興味がある飼い主さんは、この記事を参考にして是非チャレンジしてみて下さい。

ABOUT ME
ひろ
はじめまして。当ブログの運営者『ひろ』です。2頭のパピチワ(パピヨン×チワワ)と暮らして早6年が経ちます。当ブログでは、可愛い愛犬のためにどのような犬用品を購入したらいいか悩んでいる飼い主さんへ向けて、おすすめの犬グッズやサービスを紹介しています。【わんコミ】をよろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。