犬のケア用品

ペット用ドライヤーブラシ【口コミ】くし一体型で乾かしながらブラッシング!

愛犬をお風呂に入れたりシャワーを入れたあとに、ドライヤーで乾かしますよね?

その時

  • もっと早く乾かないかな?
  • ブラッシングしながら乾かしたい!

などと考えたことありませんか?

我が家の愛犬は長毛なので、シャンプーをしたあとはいつもドライヤーで乾かしながらブラッシングしています。

しかし、ドライヤーで乾かしながらブラッシングしているとどうしても愛犬を抑えることができなくなるので、毎回「ドライヤーとブラシが一緒になってるアイテムがあったらもっと簡単に乾かせるんじゃないかな…」と考えていました。

調べてみたところ、ブラシとドライヤーが一体化している『ペット用ドライヤーブラシ』という商品を見つけたので購入して使用してみることに…

結果を先に言うと、ブラシをかけることで被毛の根元から乾かすことができるので、いつもより速くムラなく乾かすことができました!

うっき

ブラシを嫌がらないワンちゃんならおススメです!

そこで本記事では、

  • ブラッシングしながらドライヤーで乾かしたい!
  • 長毛犬で乾かすのが大変!
  • もっと速く乾いたらいいのにな…
  • 人間用とは別に犬専用のドライヤーが欲しい!

と考えている方へ向けて、 『ペット用ドライヤーブラシ』 の特徴や使用した感想を紹介します。

ペット用ドライヤーブラシの特徴

ペット用ドライヤーブラシの特徴は以下の通りです。

  1. ドライヤーとブラシの一体型構造
  2. 3段階温風調節可能
  3. ワンプッシュで抜け毛を除去できる
  4. 静音設計でペットが怖がらない
  5. 細身で握りやすいボディ
  6. お手入れが簡単
素材ABS(合成プラスチック)
定格電圧AC100~120V
消費電力約300W
周波数50/60Hz
商品重量0.55㎏
商品サイズ27.7㎝×12.5㎝×7.2㎝(縦×横×高さ)
温度・約39℃(低)
・約49℃(中)
・約59℃(高)
パッケージ内容・ペット用ドライヤー
・日本語取り扱い説明書
生産国中国

①ドライヤーとブラシの一体型構造

ペットドライヤーブラシはドライヤーとスリッカーブラシが一体型の構造なので、ドライヤーで乾かしながらブラッシングができる一石二鳥のペットドライヤーになります。

スリッカーブラシはステンレス鋼の先端が丸みを帯びているため、

  • ペットの皮膚を傷つけない
  • 抜け毛を除去する
  • 適度な刺激を与える
  • 血行を促進する

マッサージ効果も期待出来たりスタイリングも同時にできる優れたドライヤーです。

ブラッシングしながら被毛の奥まで風が届くようになるので、ムラなく芯まで乾かしてくれます。

うっき

仕上げまでコレ1台でできちゃいます。

②3段階温風調節可能

ペット用ドライヤーブラシは、本体下部にあるダイヤルを回すことでスイッチが入り、3段階の音風調節が可能です。

本体の一番左がOFFスイッチで、そこから順に

  • 微冷風(約39℃)
  • 弱音風(約49℃)
  • 強熱風(約59℃)

と切り替えできます。

また、ドライヤー本体が危険な温度まで上昇すると自動的に電源をシャットダウンしてくれる〝加熱保護機能〟も搭載しているので安心して使用できます。

うっき

火傷の心配もなく快適にドライヤーできます。

ダイヤルを切り替えても風の温度が変わるだけで〝風量は同じ〟なので気を付けましょう。

③ワンプッシュで抜け毛を除去できる

ワンプッシュのセルフクリーニング機能で、ブラシに付いた抜け毛を簡単に除去することができます。

操作は本体上部のボタンを押すだけ!

抜け毛が浮き上がるので、手で簡単に取り除くことが可能です。

うっき

抜け毛がまとまっているので簡単にブラシから剥がれます。

④静音設計でペットが怖がらない

犬の身体に密着するする商品なので、静音性も重要なポイントになってきます。

犬の敏感な聴力では大騒音のドライヤーは怖がってしまいますが、ペット用ドライヤーブラシは犬が安心快適にドライヤーできるように低騒音の装置を設計しています。

安心感があればドライヤー中に暴れることは減りますし、飼い主さんも抵抗する愛犬へのストレスから解放されますね。

うっき

犬も飼い主も快適にコミュニケーションがとれます。

⑤細身で握りやすいボディ

ペット用ドライヤーブラシは、従来品アップグレードされて細身で握りやすいボディになりました。

人間工学に基づいて流動型に設計されているようで、スリムで握りやすく疲れを軽減してくれるので、片手でも長時間ブラッシングすることができます。

うっき

快適に操作できるのは嬉しいですね。

⑥お手入れが簡単

ヘッドとフィルター部分が取り外し可能なので、簡単に本体のお手入れができます。

ヘッド部分は本体のボタンを押しながら脱着します。

本体から切り離すことでヘッド部分だけをお手入れすることができます。

本体下部のフィルター部分は回して脱着できます。

フィルターに付着した抜け毛を簡単に取り除くことができます。

うっき

取り外しできるので簡単に手入れできますね。

ペット用ドライヤーブラシを使用した感想

ペット用ドライヤーブラシを使用した感想は以下の通りです。

  1. 愛犬を抑えながらブラッシングとドライヤーを同時にできる
  2. 乾きが速くなった
  3. 風量・温度が丁度いい
  4. 飛び回る毛が減った

①愛犬を抑えながらブラッシングとドライヤーを同時にできる

今までは、左手にブラシを持って右手にドライヤーを持って乾かしていましたが、ドライヤーから逃げてしまい上手くブラッシングができませんでした。

しかし、ペット用ドライヤーブラシはブラシ一体型のドライヤーなので、

左手で愛犬を抑えながら右手でペット用ドライヤーブラシで乾かす

というように、愛犬を抑えながらもブラッシングとドライヤーを同時にできるようになりました。

ドライヤーから逃げまどう愛犬と格闘していた時間がなくなり、ずっとドライヤーを当てることができるので乾かす時間が短くなりました。

ぺこ

ドライヤーから逃げられなくなっちゃた…

②乾きが速くなった

ブラッシングをした箇所に直接ドライヤーの風が当たるので、被毛の根元からしっかり乾かすことができています。

乾き方にムラがなくなり、乾くスピードも速くなりました。

ドライヤーの時間が短くなったので、愛犬への負担やストレスも軽減できます。

乾かすことと仕上げを同時にできるので満足です。

ふく

時短になったからぼくも疲れない♪

③風量・温度がちょうどいい

ペット用ドライヤーブラシは風量は変えられませんが、人間用のドライヤーより静かで風量もちょうどいいと感じました。

風の温度は一番高い強熱風(約59℃)を地肌に当ててもそれほど熱いと感じません。

※個人差有り

今まで使用していた人間用のドライヤー(Panasonicナノケア)では、温風をずっと当てていると熱くて耐えられずに冷風を交互に当ていましたが、ペット用ドライヤーブラシはずっと強熱風(約59℃)でも使用できる熱さでした。

愛犬の身体への負担を軽減できる風量と温度になっています。

ぺこ

ずっと同じ温度だから安心できる♪

④飛び回る毛が減った

人間用のドライヤーを使用していた時は抜け毛が宙を舞ったり、フィルターに抜け毛がくっつくことが多くあり、ドライヤー後の掃除が大変でした。

しかし、本製品はスリッカーブラシが抜け毛を絡め取ってくれるので飛び回る毛が減ったのを実感できます。

使用後のフィルターにも抜け毛はほとんど付着していませんでした。

本体の手入れも簡単ですし、トータル的に〝時短〟になっているので購入してよかったです。

うっき

飛び回る毛にストレスを感じていたのでよかったです。

ペット用ドライヤーブラシのデメリット

ペット用ドライヤーブラシを使用して感じたデメリットは以下の通りです。

  1. 本体が大きいので使いにくい場面もある
  2. スリッカーブラシが苦手な犬には不向き

①本体が大きいので使いにくい場面もある

本体が少し大きいので、本体が床に当たったり壁に当たったりして使いにくい場面もありました。

また、身体の狭い部分にブラシが当たりにくいため、足の付け根や身体の内側などは乾かすのに少してこずりました。

そのため、乾かしにくい箇所はヘッドを取り外して普通のドライヤーのように使用して対応しました。

うっき

もう少し小さかったら使い勝手が良かったかもしれません。

②スリッカーブラシが苦手な犬には不向き

我が家の愛犬はスリッカーブラシが嫌いなわけではありませんが、脚や被毛の薄い場所にブラシが当たるのは嫌いなようです。

スリッカーブラシが嫌いな犬は本製品を嫌がる可能性が高いので、スリッカーブラシの刺激が苦手な犬にはおすすめできません。

うっき

被毛をほぐしてから使用するといいかもしれません。

\被毛をほぐすにはペットティーザーがおすすめ/

ペットティーザー【口コミ&レビュー】ペット専用ヘアケアブラシペット用ブラシ『ペットティーザー』の口コミやレビューを知りたいですか?本記事では、ブラッシングを痛がるワンちゃんやスムーズにブラッシングしたい飼い主に向けて、ペットティーザーの特徴や口コミを紹介します。...

ペット用ドライヤーブラシの口コミ

ペット用ドライヤーブラシを購入した飼い主さんの口コミをまとめてみました。

悪い口コミ

うちのワンコにはあいませんでした。兎に角、怖がって…。音もそんなに気になる程ではありませんが、兎に角嫌がり使えません。あと、プードルの毛には合わないかも。上手く毛を解くことができません。

Amazon

こちらのドライヤーは人間用の物と比べると少し静かですが、残念ながら、うちの子はドライヤーの音がダメな子なので嫌がり、乾かすことを断念しました。説明書は機械翻訳でしょうか?日本語が明らかに不自然で通じません。複雑な商品ではないので、取説はなくても大丈夫ですが。。

Amazon

チワワ用に購入しました、少し大きいかな?と思うのと、気をつけないとブラシが痛そうな気がするけど、そこを気をつければ人間用とは違い温風が優しいので犬には負担が少なさそうなのは良いです。

ただサイズがもう少し小さいと楽かな。

Amazon

良い口コミ

ドライヤーとブラシが一体となったことで作業性が大幅にアップしました。

温風もちょうどよく、大変満足してます。

Amazon

トイプードルはブラッシングが必要な犬種ですが、このドライヤーはブラシと一体化だから洗った後に乾かしながらブラッシングができてすごく便利

乾くのも早い気がします

毛並みも綺麗になるしフワフワになるので前よりシャンプーが楽になりました

Amazon

ドライヤーにブラシが付いているイメージで購入しました。

音も小さく、温風もちょうどよいぬるさでドライヤー。

嫌いなうちの子がしっかり乾かせました。

ブラシも並行してできるので便利です。

シャンプーした後の最後の仕上げに使います。

Amazon

ペット用ドライヤーブラシ|まとめ

ペット用ドライヤーブラシの特徴
  1. ドライヤーとブラシの一体型構造
  2. 3段階温風調節可能
  3. ワンプッシュで抜け毛を除去できる
  4. 静音設計でペットが怖がらない
  5. 細身で握りやすいボディ
  6. お手入れが簡単

ペット用ドライヤーブラシは、愛犬を抑えながらブラッシングとドライヤーを同時にできる画期的な犬用品です。

風量や風温もちょうどよくドライヤーの時短にもなったので、愛犬も僕も快適にシャンプー後のドライヤーを行うことができました。

ブラッシングしながらドライヤーをしている飼い主さん、是非この機会にくし一体型のペット用ドライヤーブラシを試してみてはいかがでしょうか?

\正しいシャンプーの手順で気持ちよくシャンプーしよう/

犬のシャンプーの正しい手順を紹介!初心者も自宅でシャンプーしよう!犬のシャンプーの正しい手順を知りたいですか?本記事では犬初心者の飼い主に向けて、犬のシャンプーの手順とシャンプーに必要な道具を紹介します。自宅で愛犬のシャンプーをしたい飼い主さんは是非ご覧ください。...
ABOUT ME
うっき
はじめまして。当ブログの運営者『うっき』です。2頭のパピチワ(パピヨン×チワワ)と暮らして早5年、様々な犬グッズを購入してきました。当ブログでは、我が家で試した犬グッズの特徴や使用した感想を愛犬家の皆さんへ紹介しています。犬グッズの紹介・口コミサイト【わんコミ】をよろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。