犬のケア商品

ペットティーザー【口コミ&レビュー】ペット専用ヘアケアブラシ

  • スムーズにブラッシングできる犬用ブラシってないかな?
  • 愛犬がブラッシングを嫌がるんだけどおすすめのブラシってある?
  • ペットティーザーっていう犬用ブラシの口コミが気になる!

このような疑問にこたえていきます。

犬のブラッシングをしていると、ブラシが被毛に引っ掛かって『キャンッッッ!』と愛犬を泣かせてしまった経験をした飼い主さんも多いのではないでしょうか?

痛い経験や嫌な思いをしたことから、愛犬がブラッシングを嫌がるようになってしまったり…

このようなことが無くなるように、被毛に引っ掛かることなくスムーズにブラッシングできる犬用ブラシをさがしていたところ、『ペットティーザー』というペット専用のヘアケアブラシを発見しました!

※『タングルティーザー』というイギリス生まれのヘアケアブラシのペット版になる商品です。

そこで本記事では、愛犬のブラッシング中に被毛が絡まることに悩んでいる飼い主さんへ向けて、ペットティーザーの特徴や口コミを紹介します。

『ペットティーザー』の特徴

『ペットティーザー』は、愛犬が痛がることなくボディケアができるので、飼い主も快適に被毛のお手入れできる、ストレスフリーのグルーミングブラシになります。

ペットティーザーの特徴は以下の通りです。

  1. 犬の被毛をやさしく解きほぐす
  2. 皮膚や被毛を傷つけない
  3. 無理な力を加えない構造
  4. 水洗いで簡単にお手入れできる

①犬の被毛をやさしく解きほぐす

ペットティーザーは、日本・UK・EUで特許を取得していて、長さの違うブラシを交互に配列した長短二段構造のブラシになっています。

  • 長いブラシ…被毛のもつれや絡まりを解きほぐす
  • 短いブラシ…被毛をキレイに整えサラサラとした気持ちのいい触り心地にする

特殊素材のブラシがしなやかに被毛の間を通るので、被毛が絡まることなくブラッシングできます。

うっき

他のペットブラシに比べてクシの通りが良いです。

②皮膚や被毛を傷つけない

柔軟性のある特殊素材でできていてブラシ先端も丸く加工されているため、皮膚へのダメージを最小限に抑えてくれます。

また、被毛にクシが引っ掛からないので毛が切れたり引っ張られることはありません。

皮膚や被毛を傷つけることなく、犬に優しいブラシとなっています。

うっき

犬のストレスにならないのは重要ポイントですね。

③無理な力を加えなくてもいい

ペットティーザーは、他のペットブラシとは違って〝柄〟が付いていません。

柄が付いたブラシは握りこむことで力が入ってしまいがちですが、ペットティーザーは力を分散させてくれる構造になっているので、無理な力を加えずにブラッシングができます。

力が入りすぎることがないので、皮膚や被毛へのダメージを減らすことができます。

うっき

くびれに手がフィットします。

④水洗いで簡単にお手入れできる

ペットティーザーの持ち手の部分は空洞になっているので、水洗いをしても速乾性があります。

洗い流しがしやすいため、いつでも清潔に保管できるのは嬉しいですね。

うっき

愛犬に使用するものなのでキレイにしておきたいですね。

『ペットティーザー』を使用した感想

ペットティーザーを使用した感想は以下の通りです。

  1. ブラシを怖がらない
  2. クシ通りが抜群!
  3. 被毛がキレイになる
  4. 気持ちよさそう
  5. お手入れが簡単

①ブラシを怖がらない

他のペットブラシを使用する場合、ブラッシングの準備をしていると逃げ出したりするのですが、ペットティーザーは怖がる様子はありませんでした。

ブラシに見えないユニークな形や配色が可愛いので不安が軽減されるのかもしれませんね。

ふく

ブラッシングが楽しくなりそう♪

ぺこ

お洒落なデザインだよね♪

②クシ通りが抜群

今まで使用してきたペットブラシの中で、クシ通りは抜群に良いです。

我が家の愛犬の場合、コーム型のブラシやピンブラシでも途中で引っ掛かることがありましたが、ペットティーザーはスムーズにブラッシングできるのでストレスフリーブラッシングが楽しくなります。

ふく

ぼくの剛毛でも滑らかにブラッシングできたよ♪

ぺこ

わたしの柔らかい毛にも愛称が良かった♪

③被毛がキレイになる

ペットティーザーを使用してブラッシングすると被毛がキレイになるのを実感できます。

ブラッシング後は触り心地がサラサラ・滑らかで、見た目もツヤが出たように感じます。

ふく

散歩で「キレイな毛ね」って褒められるよ♪・・・たまにだけど

ぺこ

女の子だから毛並みはキレイにしたい♪

うっき

撫でると気持ちが良いです。

④気持ちよさそう

ペットティーザーでブラッシングをすると、気持ちよさそうな表情を見せてくれます。

ペットティーザーはブラシの先端が丸くなって無理な力を掛けずにブラッシングできるので、皮膚を刺激されて気持ちが良いのかもしれませんね。

マッサージ効果や血行促進効果なども期待できます!

ふく

ブラッシング中にウトウト眠くなっちゃう♪

ぺこ

毛が絡まって引っ張られることが無くなったからよかった♪

うっき

痛がって『キャンッッッ!』って泣くことがなくなりました!

⑤お手入れが簡単

ペットティーザーは水洗いで簡単に洗えるし抜け毛が簡単に取れるのでお手入れが簡単です。

お手入れが簡単なのでブラッシングするのも苦になりません。

ブラッシング後

抜け毛を取った後
うっき

溜まった抜け毛は、手で簡単に取ることができました。

『ペットティーザー』のデメリット

被毛が絡まることなくスムーズにブラッシングできるペットティーザーですが、デメリットと感じたこともあったので紹介します。

  1. 抜け毛はあまり取れない
  2. ブラッシングがやりづらい箇所もある

①抜け毛はあまり取れない

ハードタイプは『換毛期の抜け毛ケアに最適』と説明もあったのですが、思ったより抜け毛は除去できていないと感じました。

ダブルコートの中の抜け毛までは取れずに、表面の抜け毛だけ取れている印象です。

抜け毛のケアというよりは、被毛のお手入れとして使用することを考えた方がいいかもしれません。

ふく

散歩後の汚れや花粉の除去など、皮膚や被毛のケアに使おう!

ぺこ

日々のお手入れでキレイな毛並みを手に入れよう♪

うっき

抜け毛や死毛の除去を目的にするなら、別のブラシの方がいいかもしれません。

【⇓犬の換毛期、抜け毛の除去は『ファーミネーター』がおススメです⇓】

犬用ブラシ『ファーミネーター』の評判や特徴!抜け毛対策におススメ!犬用ファーミネーターの評判や特徴を知りたいですか?本記事では、ファーミネーターの特徴と実際に使用した感想を紹介しています。愛犬の抜け毛に悩んでいる飼い主さんは必見です。...

②ブラッシングがやりづらい箇所もある

ペットティーザーは持ち手がくびれていて手にフィットしやすいのは確かなのですが、ブラッシングする箇所によっては持ちにくい場面もあります。

わきの下や狭い箇所をブラッシングする時は使いにくさを感じることもありました。

うっき

ブラッシングを使い分けるのも手ですね。

【⇓犬用ブラシの種類はコチラの記事で紹介しています⇓】

犬用ブラシの選び方【6種類】効果や注意点からブラシを使い分けよう!犬用ブラシって種類が豊富で選び方がわからないですよね?本記事では、犬用ブラシの種類毎に効果や注意点を紹介しています。犬を飼いはじめたばかりの飼い主さんは必見です。...

『ペットティーザー』の口コミ

ペットティーザーを実際に購入した方の口コミをまとめてみました。

悪い口コミ

短毛には不向きかな。ビーグル犬は毛がよく抜けるがブラッシングしても取れてる感じがしない。

また、ブラシが結構固いので優しくしないと犬の肌を傷つける可能性がある。

Amazon

ダブルコートの長毛種なのですが、アンダーコートがよく抜け残っていました。

Amazon

色なのか形が悪いのかわかりませんが、見せたら怖がりました。

お尻と腰は餌で釣って抱き抱えないとやらせてくれませんでした。

Amazon

悪い口コミは少なかったです。

その中でも「抜け毛が取れない」「怖がってブラッシングさせてくれない」という低評価が目立ちました。

抜け毛が取れないと評価している飼い主さんも、被毛はサラサラふわふわになると書いてあったので、抜け毛の除去というより被毛や皮膚のお手入れ目的での使用がおススメといえますね。

良い口コミ

これで優しくブラシしてやると、とても気持ち良さそうにしています。

毛もよくとれて、ブラシ部分についた毛も手でもラクに取れます。掃除機で取れば一瞬です。

水洗いができるので清潔に保てます。

そして、これでブラシするとツヤツヤになります。

犬が気持ち良さそうにしているのが一番うれしいです。

マッサージ効果もあるように思うので、(強くしないこと!)

買って良かったです。

Amazon

手になじみ、毛の舞い散りも少なく、しっかりとブラッシングできます。

絡まり、もつれもサッと取ることができ、痛みを感じさせないようです。コームブラシは使わなくなりました。

抜け毛も簡単に取れるので楽ちんです。

本当にいいものに出会いました。

Amazon

シェルティーは毛が長いので特に耳の近くは絡みます。

このペットティーザー本当に絡みません。そして濡れた毛でも絡みません。

普段のお手入れやシャンプー後のドライヤーの時も使えます

Amazon

良い口コミの方が多かったです。

「毛が絡まない」「痛がらない」「気持ちよさそう」といった高評価が目立ちました。

濡れた毛でも絡まないという口コミもあったので、シャンプー後のブラッシングでも使用できますね。

ペットティーザーの種類

ペットティーザーの種類は以下の通りです。

サイズタイプカラー
ラージ(中型・大型犬)かため(ハード)・サニーデーブルー
・パープルパピー
やわらかめ(ソフト)・パンプキンネイビー
・ハッピーピンク
スモール(小型犬) かため(ハード) ・ドリーミーブルー
やわらかめ(ソフト) ・スリーピーライラック
パピー(子犬)超やわらかめ(子犬)・ミルキーグリーン

かため(ハード)

ブラシ部分がかための「ハード」は、換毛期に毛が生え変わるダブルコートの抜け毛ケアに最適です。

皮膚を傷めつけずに、不要な毛をキャッチすることができます。

やわらかめ(ソフト)

ブラシ部分がやわらかめの「ソフト」は、毛の生え変わりが少ないシングルコートのデイリーケアに最適です。

日常的なブラッシングにお使いください。

超やわかめ(子犬)

ブラシ部分が超やわらかめの「パピー」は、生後から成犬になるまでのお手入れに最適です。

日常的なブラッシングにお使いください。

うっき

ペットの大きさや用途によってブラシを選びましょう。

まとめ:スムーズにブラッシングできて毛並みも良くなる

【ペットティーザーの特徴】
  1. 犬の被毛をやさしく解きほぐす
  2. 皮膚や被毛を傷つけない
  3. 無理な力を加えない構造
  4. 水洗いで簡単にお手入れできる

ペットティーザーは、抜け毛を大量に除去できるわけではないので、日頃のお手入れ(汚れの除去や皮膚・被毛のケア)におススメのペットブラシです。

被毛が引っ掛かることなくスムーズにブラッシングできるし、ブラッシングしたあとはサラサラとした気持ちのいい触り心地になります。

抜け毛の除去は他のブラシをしようして、毛並みのお手入れとして使用していきたいと思います。

愛犬がブラッシングを嫌がって悩んでいる飼い主さん、是非この機会にペットティーザーを試してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
うっき
はじめまして。当ブログの運営者『うっき』です。2頭のパピチワ(パピヨン×チワワ)と暮らして早5年、様々な犬グッズを購入してきました。当ブログでは、我が家で試した犬グッズの特徴や使用した感想を、愛犬家の皆さんへ紹介しています。犬グッズの紹介・口コミサイト【わんコミ】をよろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。