犬との暮らし

『保護犬カフェ』は犬と触れ合えるカフェ?システムや特徴を紹介!

『保護犬カフェ』という施設を知っていますか?

テレビやニュースなどでも取り上げられることが増えてきたのでご存知の方も多いかもしれませんが、名前の通り保護犬がいるカフェのことをいいます。

どうぶつ番組などで保護犬の特集をされることも増え、徐々にですが保護犬や保護猫の存在が世の中に広まってきたと感じます。

しかし『保護犬カフェって何?』と疑問を持つ人もまだまだ多いことでしょう。

我が家の愛犬は『保護犬カフェ』から譲渡してもらいました。

そこで本記事では、

  • 最近『保護犬カフェ』っていう施設を知ったんだけど、どんなところなのかな?
  • 家で犬を飼えないんだけど、犬と触れ合える施設とかってないかな?
  • 保護犬カフェで保護犬を譲渡してもらいたい!
  • 保護犬に興味があるんだけど、どんなところで譲渡してもらえるの?

と考えている方へ向けて、保護犬カフェの特徴やシステムなどを紹介します。

保護犬カフェでは譲渡も行っているのですが、実際に保護犬カフェにいた元保護犬の里親になった経験から、保護犬の里親になるまでの流れも紹介します。

ぺこ

あたちは保護犬カフェでパパさんと出会ったんだよ♪

『保護犬カフェ』ってどんな場所?

保護犬カフェとは、保護された犬と触れ合いながらカフェを楽しめる施設です。

NPO法人『LoveFive(ラブファイブ)』が、保護した犬や猫の新しい里親を探す活動として経営しています。

まだ日本では保護犬・保護猫という存在自体を知らない方や、保護犬はあまり人に懐かないというイメージを持つ方が多いのが現状です。

『保護犬カフェ』を利用することによって保護犬をもっと身近に感じることができ、保護犬や利用者を幸せにすることができるカフェとなっています。

まずは保護犬カフェのシステムや特徴を紹介します。

①利用料はワンドリンクから

保護犬カフェは、『ワンドリンクオーダー制』となっています。

「ワンドリンク代¥550(税別)~」を注文することで保護犬カフェを利用することができます。時間制限はありません。

他にも食べ物のメニューもあるので保護犬カフェ内でランチを楽しむこともできますし、犬用のおやつを購入することで保護犬におやつを与えることもできます。

※おやつを持っていると保護犬たちがたくさん寄ってくることもあるので、小さいお子さん等は注意して下さい!

ワンドリンク注文するだけで何時間でも保護犬カフェを楽しめるので、犬好きにはたまらない施設になっています♪ 

②保護犬と触れ合うことができる

「保護犬ということは、里親希望でなければ利用できないの?」と考えてしまう人もいるかもしれませんが、あなたの家が犬と暮らせない環境でも保護犬カフェを利用できます。

カフェを楽しむだけでなく、カフェ内を保護犬たちが歩き回ったり横になってくつろいだりしているので、気軽に保護犬たちとの触れ合いを楽しんでください。

ただし、

  • 立ちながらの抱っこは禁止
  • 小学生以下の抱っこは禁止

など、カフェによってルールが異なることもあるので、保護犬たちのためにもマナーは守って利用しましょう。

むやみやたらに追いかけたりしないなど、保護犬たちの気持ちを考えて接することも大切です。

※小さいお子さんと一緒に来店する方は、お子さんと保護犬がお互いに怪我のないように、目を離さないようにしましょう。

また、ヨダレを垂らしたり、トイレを失敗しちゃう子などもいるので、気になる方は動きやすい格好や汚れても良い格好で来店するといいでしょう。

ニオイや抜け毛が服に付くことは当たり前だと思って、保護犬たちと接して下さい。

ぺこ

カフェ内に、保護犬の名前・特徴・性格などが記載された写真が貼ってあるので、見てもらえると嬉しいです♪

ふく

過去の経験から子供が苦手な子や男性が苦手な子などもいるので、嫌がっていたらしつこく近寄ったりしないでね。

③保護犬カフェを利用するだけで保護犬が幸せになれる

保護犬カフェをたくさんの方が利用することで、保護犬たちが幸せになることができます。

保護犬カフェに来店するだけで、

  • カフェの売り上げが犬の保護活動の寄付になる
  • 保護犬が人間と触れ合うことで社会性を学ぶ
  • 人間との信頼性を取り戻すことができる

などといったメリットがあります。

保護犬の中には、過去に人間の手によって辛い思い・ヒドイ体験をした犬もいます。

保護犬とたくさん触れ合うことによって、辛い経験をした犬が人間との信頼関係をもう一度取り戻すこともできます。

だたなんとなく『犬に癒されたいなぁ。』という気持ちで来店してもらってもかまいません。

何気ない気持ちでも保護犬カフェを利用したというあなたの行動が、保護犬のためになっているのです。

カフェを利用すれば保護犬が幸せになり、カフェを利用した人は癒しを貰えます。

ふく

WIN⇔WINの関係だ♪

ぺこ

保護犬カフェでたくさんの人が優しくしてくれたから楽しかったよ♪

④条件次第で保護犬の里親になれる

生活環境や相性が合う保護犬がいたら、あなたの条件次第で保護犬の里親になることができます。

TwitterやFacebookなどで保護された犬や猫を紹介しているので、気になる子がいたら直接足を運んでスタッフさんに声を掛けてみましょう。

我が家の愛犬は保護犬カフェで譲渡してもらったのですが、譲渡してもらうまで3回ほど足を運びました。

里親になるまでの流れは、下の章で紹介してます。

⑤譲渡会も開催している

大阪・東京・千葉など、全国のいろんな場所で年に数回譲渡会も開催しています。

普段は遠くて行けない保護犬カフェでも、全国各地のイベントなどで譲渡会を開催するので、気になる方は是非足を運んでみて下さい。

保護犬カフェにいるワンちゃんも譲渡会に参加しています。

『保護犬カフェ』にいる犬の特徴

保護犬はあまり懐かないという印象を持っている人がいるかもしれませんが、カフェに出ている子たちは、尻尾を振りながら近寄ってきてくれる子が多いです。

保護した時は人間嫌いで触られるのもイヤなくらい怯えている子もいますが、優しいスタッフのサポートもあり『もう一度人間を信頼してみよう!』と、人に慣れてくれる子がほとんどです。

なので「噛まれたり吠えられたりしないかな?」と心配せずに来店して大丈夫です。

では、保護犬カフェにはどのような特徴の犬がいるのか紹介していきます。

攻撃的な子はケージに入ったりバックヤードにいたりします。

どこから保護されるの?

保護される対象は以下のような場所になります。

  • ペットショップ
  • ブリーダー
  • 野良犬・猫
  • 飼育放棄
  • 保健所

保健所に収容されていたりブリーダーの繁殖を引退した犬猫だけでなく、一般家庭で吠え癖や噛み癖が酷くて手放されたり、病気をしただけで飼育放棄された犬猫もいます。

人間の自分勝手な都合で保護された犬猫が多いのが現状です。

ぺこ

わたしは保護活動をしているブリーダーに保護されたって言ってたよ。

チワワ×パピヨンのミックスの割に身体が大きかったり、毛並みがカールしているから『ペットショップでは売れない』と判断されたのかもしれません。

\ミックス犬『パピチワ』の性格や特徴はコチラ/

パピヨンとチワワのミックス犬『パピチワ』の性格や特徴を紹介!パピヨンとチワワのミックス犬を『パピチワ』と呼びますが、ペットショップで見た人は性格や特徴が気になりますよね。本記事では、2頭のパピチワと一緒に暮らす経験から、パピチワの性格や特徴を紹介しています。...

保護犬の性格は?

人間に一度は見捨てられた保護犬が多いですが、そんなことを感じさせないくらい人懐っこい犬が多いです。

カフェに入るとほとんどの犬が尻尾を振って出迎えてくれます。

  • 『撫でて!』とアピールしてくる子
  • 足元にチョコンと座ってくる子
  • 座ってると膝に乗ってくる子
  • 『遊んで♪』とちょっかいを出してくる子
  • 少し怖がりだけどチラチラと気にしてる子

少し臆病で隅っこに座っている子もいますが、みんないい子でとても愛嬌があります。

皮膚病やヘルニアなど何かしらの病気を持ってる子もいますが、噛んだり威嚇してきたりと攻撃性のある子はほとんどいません。

カフェに出ている子は、みんな穏やかな性格をしているので安心して触れ合うことができますよ。

我が家の愛犬は保護されたときから性格が変わらず〝おてんばのかまってちゃん〟です。

ぺこ

人も犬も大好き♪

里親になるまで~実際に保護犬を譲渡してもらった話~

僕が保護犬カフェを知ったきっかけは、子供が動物を好きだったので「動物と触れ合える施設ってないかなぁ」と探してて、『MOFFアニマルワールド』という施設に遊びに行ったのがきっかけです。

MOFFアニマルワールドの隣にあったのが保護犬カフェだったのです。

「ちょっと寄ってかない?」と子供と保護犬カフェに入り、何度か遊びに行くようになって我が家の愛犬〝ぺこ〟と出逢いました。

①里親になりたいとスタッフに申し出る

里親になりたいからと言って『はいどうぞ!』とすぐに里親になれるわけではありません。

高齢の子や劣悪な環境の中で暮らしてきた子も多いので、何かしらの疾患を持った子がいるのも事実です。

その子の疾患や病気・性格や問題行動などを理解した上で里親になる必要があります。

我が家の愛犬〝ぺこ〟の場合はどこにも病気がなかったのですが、

「夜寝る時にクレートに入れて朝になってから出すと、身体中が排泄まみれになっていることがあります。もしかしたらトイレを覚えるのに時間が掛かるかもしれません。」

とスタッフさんに説明されました。

本当にその通りになって、先住犬がトイレをすぐに覚えたのに対して、ソファを1台ダメにするくらい粗相を繰り返しました。

何頭もの保護犬を見てきたスタッフが、その子の特徴や性格を理解してしっかり説明してくれるので、気になる子がいたらしっかり説明を受けて次の段階に進みましょう。

気になる子に会えるまで、何度もカフェに通いましょう。

②面談を行う

スタッフに『里親になりたい!』という意思を伝えたら、面談に移ります。

  • 家庭環境
  • 人柄
  • 飼い主としての責任があるか

といった内容を面談し、ラブファイブの理念に賛同してくれる方・条件を全て理解してくれる方のみが里親になることができます。

※『先住犬と相性が合わない』『ペット不可の家に引っ越した』などという自分勝手な理由で保護施設に戻ってきた子もいます。二度と人間を信用できなくなる可能性があるので、そのような行為は絶対やめて下さい。

人間の手によって辛い思いをした子が多いので、その子たちにもう一度同じ思いをさせるわけにはいきませんからね。

譲渡が正式に決定すると、誓約書・契約書への同意が必要になります。

  • 予防接種を行うこと
  • 快適な生活環境を与えること
  • 健康保険に加入すること

などといった誓約内容に同意する必要があります。

詳しい内容はNPO法人ラブファイブの公式サイトに記載されてあります。

面談・ヒアリングによって資格不十分と判断された際には譲渡を断ることもあるようです。その際の理由は回答できないこともあるようなので了承して下さい。

③譲渡の際の費用について

保護犬カフェの維持には、

  • 怪我・病気をした保護犬への医療費
  • 交通費や人件費
  • 施設の維持費

といった費用が必要になってきます。

そのため、譲渡の際には活動費への寄付という形で、

  • 生後1歳未満=2万円、生後1歳以上=1万円
  • カフェで与えている同じフードを購入(ストレスでフードを食べなくならないように)

を支払います。

理解したうえで協力して下さい。

※我が家が〝ぺこ〟の里親になった時は2016年なので、現在では寄付内容が変わっているかもしれません。ご了承下さい。

④ペット保険の加入

また、以下の理由からペット保険に加入することも譲渡してもらう際の必須条件になっています。

  1. 病気や怪我をしたら必ず病院へ連れて行く
  2. 犬と一緒に暮らすには費用が掛かるので、毎月の保険料を支払えるだけの経済環境が必要
  3. 治療費が払えないという勝手な理由で飼育放棄されたくない
  4. ペットへの虐待目的の譲渡を防ぐため

ペットに関する残酷なニュースを見ることもあるので、譲渡の条件となっても当然ですよね。

「先住犬と同じペット保険に加入したい。」という旨を伝えたところ、『保険加入後に証券や申し込みの写しを郵送してもらえれば大丈夫。』ということだったので、保護犬カフェで勧めているペット保険とは違う保険に加入しました。

保護犬・保護猫たちに悲しい思いをさせないため・スタッフを安心させるためにも、違うペット保険に加入する時は必ず書類を郵送するようにして下さい。

もし郵送できない時は譲渡してもらった子を引き取られることになります。覚悟と責任を持って条件は必ず守るようにして下さい。

⑤保護犬の引き渡し後

引き渡しが完了すると写真撮影があります。

保護犬の情報や存在を拡散するために、Twitter・Facebook・ホームページで紹介することになるので理解したうえで里親となりましょう。

頼めば顔は隠してもらえます。

また、一ヶ月後に家族と一緒に写っている写真を郵送するか、近況報告として里帰りという形で保護犬カフェに来店する必要があります。

写真の送付がなかったり、電話しても一向に繋がらない場合は、里親の資格が剥奪されてしまうこととなります。

スタッフが保護してから一緒にいた時間は短いかもしれませんが、自分が世話をした犬猫がいなくなるのは寂しいものです。

短い時間ですが一緒に暮らしたスタッフの為にも、必ず里帰りしてあげましょう。

元保護犬たちもお世話になったスタッフに逢いたいはずです!

ぺこ

保護犬のみんなやスタッフさんに逢えて里帰り楽しかったよ♪

ふく

ケンカもするけど、これからはずーっと家族と一緒だよ♪

元保護犬〝ぺこ〟との出逢い

我が家の2頭目〝ぺこ〟は元保護犬で、先住犬と同じパピヨン×チワワのミックス犬『パピチワ』です。(証明書有り)

『保護犬カフェ』という保護施設で出逢い、我が家に迎え入れました。

正直言うと、保護犬カフェに遊びに行くまで、僕の中で保護犬のイメージはあまりいいものではありませんでした。

  • 保護犬って汚いのかな?
  • ニオイもありそうだな
  • 人間のこと嫌いなのかな?
  • 吠えたり噛んだりしないかな?

このような悪いイメージばかりを持っていました。

しかし、実際に保護犬カフェの犬たちと会った瞬間、そんな悪いイメージは吹き飛びました。

吠えたり・噛んだり・攻撃的になる子はいないし、しっぽを振って近寄って来る子が多くてかわいさ満点・魅力満載でした。

ぺこ

可愛いワンちゃんばかりだったでしょ?

1人1人個性が違って、みんな可愛かった♪

元保護犬〝ぺこ〟の性格と特徴

【性格】

  • おてんば娘・・・こう見えて女の子です
  • かまってちゃん・・・自分が一番!すぐに間に入ってくる
  • どこか不器用・・・走り方・怒り方・水の飲み方がちょっと変
  • 少し意地悪・・・人(犬)のものをすぐ奪う!
  • 人も犬も大好き・・・とりあえず挨拶は欠かさない
  • 大きな音が嫌い・・・工事や雷の音が苦手

【特徴】

  • 大きな耳・・・出会った頃は片耳だけ垂れてた(今は両耳垂れてる)
  • 茶色いマロ眉・・・ダックスフントとのMIXと間違えられる
  • 長い鼻・・・やっぱりダックスフントと間違えられる
  • 白い靴下・・・ちゃんと4足履いてるよ♪
  • しっぽの先が白い・・・先だけ白い!
  • 足がでかい・・・お手がずっしり重い(笑)

おてんばでどこか不器用な姿が可愛くて一目惚れでした。

\〝ぺこ〟が保護犬カフェにいた時。施設にいた時の名前は〝ミッツ〟/

施設に来た時から人も犬も大好きで、おてんばのかまってちゃんだったらしいです。我が家に来てからも性格は変わらずとてもいい子です。

我が家に来たときは片耳だけ〝ぺこッ〟と倒れていたので、名前は〝ぺこ〟になりました。

〝ぺこ〟が保護された理由

〝ぺこ〟は『保護活動をしているブリーダーに保護された』そうです。健康で病気も持っていませんでした。

スタッフさんの話によると、パピヨンにもチワワにも見えない外見から、『もしかしたらペットショップで販売できないと判断されたのかも』ということでした。

その他の犬が保護された理由は、飼い主が亡くなってしまったなどの仕方ない理由もありますが、飼い主の勝手な都合で捨てられる犬も多いようでした。

  • 犬が大きな病気にかかったから
  • ペット不可の家に引っ越すから
  • 同棲している彼氏・彼女が犬嫌いだから
  • 先住犬との相性が悪かったから
  • 介護が大変になったから
  • 攻撃的な性格に手をやいているから
  • 思っていたドッグライフを送れないから

理由は様々ですが、どれも人間の勝手な都合ですよね。

ふく

自分勝手な人間も多いんだね。ちょっとショック…。

ぺこ

でもね、わたしは保護犬カフェにいた時も楽しかったよ♪

スタッフの方たちが優しくサポートしてくれたからね。

譲渡してもらった帰りの車の中ではブルブル震えていましたが、人間も犬も大好きで明るい性格もあり、すぐに我が家に慣れてくれました。

施設にいたのは約2週間程度で短い期間だったのですが、たくさんの人と犬たちの中で社会性を学んでいたことが、我が家にすぐに慣れてくれた要因の1つだと思っています。

ふく

ぺこってグイグイ来るじゃん!?ぼく慣れるのに大変だったよ・・・

ふくもぺこのことを受け入れてくれてありがとね♪ 

『保護犬カフェ』のシステムや特徴を紹介|まとめ

  • ワンドリンクから利用できる
  • 誰でも簡単に犬と触れ合える
  • 条件次第で里親になれる
  • 利用するだけで寄付に繋がる
  • 保護犬の魅力に癒される

「犬と暮らしたい!」と思った時に「そういえば保護犬カフェってあったよね?」と、保護された犬の里親になるという選択肢もあるということを知る機会になったのではないでしょうか?

保護犬カフェを利用するだけで寄付に繋がり、たくさんの保護犬の命を救うことができます。

たくさんの方に保護犬という存在を知ってもらいたいし、ペットショップのワンちゃんと同じように、保護犬も魅力満載でとても可愛いということを伝えたいです。。

是非この機会に保護犬カフェを利用して、たくさんの保護犬と触れ合ってみて下さい。

ABOUT ME
すだこ
はじめまして。当ブログの運営者『すだこ』です。2頭のパピチワ(パピヨン×チワワ)と暮らして早6年が経ちます。当ブログでは、可愛い愛犬のためにどのような犬用品を購入したらいいか悩んでいる飼い主さんへ向けて、おすすめの犬グッズやサービスを紹介しています。【わんコミ】をよろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。