犬との暮らし

保護犬は慣れるまで時間がかかる?なつかない?保護犬を迎え入れた本音

近年、テレビの特集やニュースでも保護犬が取り上げられることが多くなり、保護犬に興味を持ってくれる人が増えてきました。

しかし、

保護犬って慣れるまで時間がかかりそう
保護犬って吠えたり噛んだりしそう…

などと、まだまだ保護犬にマイナスイメージを持っている人も多いことでしょう。

僕も一緒に暮らすまでは「我が家に慣れてくれるかな?」と不安でした。

心を閉ざしてなかなか人間に慣れない保護犬もいますが、もともと人間が大好きな子や『もう一度人間を信用してみよう』と心をひらいてくれる子も多いです。

我が家の愛犬〝ぺこ〟は元保護犬ですが、迎え入れてすぐに家族や新しい環境にも慣れてくれました。

本記事では、

  • 保護犬に興味があるんだけど、慣れるまで時間がかかるのかな?
  • 保護犬はなつかないって聞いたんだけど本当?
  • 先住犬がいるけど保護犬を迎え入れても大丈夫かな?

と考えている方へ向けて、保護犬を迎え入れた我が家の経験をもとに、家族や新しい環境に慣れるまで時間がかからなかった理由を検証していきます。

※『保護犬カフェ』という保護施設から保護犬を迎え入れた経験を元に記事を書いています。

保護犬だった愛犬がすぐに慣れてくれた理由

我が家の愛犬は生後7ヶ月の時に『保護犬カフェ』という保護施設から譲渡してもらいました。

家に向かう車の中こそブルブルと震えていましたが、すぐに新しい家族と環境に慣れてくれました。

すぐに我が家に慣れてくれたと考えられる要因は以下の通りです。

  1. 人慣れしていたから
  2. 社会性が身についていたから
  3. 人や犬が大好きな性格だったから
  4. 保護施設の懸命なケアがあったから

\『保護犬カフェ』のシステムや特徴はコチラで紹介/

『保護犬カフェ』は犬と触れ合えるカフェ?システムや特徴を紹介!『保護犬カフェ』について詳しく知りたいですか?本記事では、『保護犬カフェ』から愛犬を譲渡してもらった経緯から『保護犬カフェ』の特徴やシステムを紹介します。...

①人慣れしていたから

先程も述べましたが、我が家の愛犬は『保護犬カフェ』という施設でたくさんの人と触れ合っていたこともあり、僕と出逢った頃にはすでに人に慣れている状態でした。

※もともとの性格も明るく人懐っこいです

そのおかげもあって、すぐに僕たち家族に慣れてくれました。

『保護犬カフェ』とは、名前の通り保護犬たちと触れ合えるカフェのことです。

保護犬カフェにいる犬のほとんどが人に慣れています。

保護された当初は過去の経験やトラウマ等から人を怖がっている子も多いですが、心優しいスタッフのサポートがあるので、カフェでは尻尾を振って近寄ってきてくれ子がたくさんいます。

ぺこ

人に対して恐怖心のある子もいるけど、そういう子は人に慣れてきた頃合いを見てからカフェデビューするよ。

  • 保護犬カフェのスタッフ
  • 保護犬カフェの利用者

などからたくさんの愛情をもらうので、どんどん人慣れしていくのでしょう。

人間の飼育放棄で見捨てられた犬がいるのも事実ですが、施設でたくさんの人たちと触れ合うことで再び人間を信用してくれるようになるので、新しい家族にもすぐに慣れる可能性が高くなります。

保護犬自身の性格もあるかもしれませんが、施設のスタッフによるケアが『もう一度人を信用しよてみよう』という思いにさせてくれるのだと思います。

ぺこ

保護犬カフェのみんな優しいから大好きだったよ♪

ふく

ぼくも遊びに行ったことあるけど、みんないい表情だったよね♪

②社会性が身についていたから

保護犬カフェや保護施設では、保護されたたくさんの犬の中で生活していくので社会性が身に付いていることが多いです。

保護された犬たちの中で遊んだり喧嘩したり一緒に生活ていくことで『アレをやったら怒られるな!コレはやったらダメだな。』と犬社会の勉強をしていくことになります。

ぺこ

みんなのこと大好きで追いかけてたから、いっぱい怒られちゃった…

最も大きな学びは〝噛みつき抑制〟です。犬同士でじゃれ合って、

  • どれくらいの力で噛みついたら相手が嫌がるのかな?
  • 痛いからヤメテ!

ということを体験していきます。犬同士で会話をして「遊ぼうよ♪」などとコミュニケーションを取って犬社会のルールを学んでいくのです。

我が家の愛犬〝ぺこ〟を譲渡してもらった時は生後7か月と子犬でしたが、保護犬カフェで社会化を学んでいたこともあり、犬嫌いの先住犬〝ふく〟とも上手くやっていけてるのでしょう。

ふく

ぺこってグイグイ来るじゃん?たまに疲れるんだよね。

ぺこ

あんまりしつこいと遊んでくれなくなるんだよ。みんな気を付けてね! 

どちらかと言えば、ペットショップにいたふくの方が社会性がないです…

③人や犬が大好きな性格だったから

  • 保護犬って怖がりなんじゃないの?
  • 飼い主になつくのに時間かかりそう…

と、マイナスイメージを持っている人が多いかもしれませんが、明るい性格で犬も人も大好きな保護犬はたくさんいます。

ぺこ

わたしは人も犬も大好き♪

もし、先住犬との相性が心配だったりすぐに新しい環境に慣れて欲しいと考えているのであれば、明るい性格で人や犬のことを大好きな子を迎え入れることをおすすめします。

保護犬の中には犬が嫌いな子や男性を嫌いな子などもいるので、譲渡してもらう時に気になっている子の性格を詳しくスタッフに聞いておくといいでしょう。

希望する性格があったり先住犬との相性が気になるのであれば、中途半端な気持ちで譲渡してもらうのではなく、納得がいくまでスタッフに相談するようにして下さい。

せっかく新しい家族が見つかったのに、

  • 先住犬と相性が悪いから
  • 性格が合わない

といった自分勝手な理由から施設に戻ってきた保護犬も多いそうです。保護犬のためにも責任ある行動をしましょう。

ぺこ

そんなことされたら二度と人間を信用できなくなっちゃうよね…。

ふく

自分勝手な行動だよね。覚悟を持って迎え入れてもらいたいね。

④保護施設の懸命なサポートがあるから

保護犬が施設にやってくる理由は様々で、人間のことを信用できなくなっている子が多いのも事実です。

  • 元の飼い主に置いて行かれた
  • 虐待を受けていた
  • 劣悪な環境で暮らしていた
  • 繁殖犬だったため外に出たことがない

このような処遇を受けていたら人間を信用できなくなるのは当然ですよね。

人間を信用できなくなった保護犬が、もう一度人間を信用してくれるようになるには時間がかかる場合もありますが、保護施設のスタッフによる優しいサポートがあるので、徐々に人間に心を開いてくれるようになっていきます。

ぺこ

わたしもたくさんの愛情を貰ったよ♪

スタッフの方が優しくケアしてくれなければ、人間に心を開けずに新しい家族が見つからない子が増えることでしょう。

ペットショップのわんちゃんもそうですが、保護犬を譲渡してもらう時は、2度と保護犬たちに苦しい思いをさせないように覚悟と責任を持って譲渡してもらってください。

ふく

嫌な思いをするワンちゃんが少しでも減るといいね。

ぺこ

新しい環境でも優しくケアしてあげて下さい。

保護犬は慣れるまで時間がかかる?|まとめ

  1. 人慣れしていたから
  2. 社会性が身についていたから
  3. 人や犬が大好きな性格だったから
  4. 保護施設の懸命なケアがあったから

ペットショップの犬も保護犬も、一緒に暮らしていくには最後まで添い遂げるという覚悟と責任が必要です。

もしあなたが『保護犬は慣れてくれるまで時間が掛かりそう…』と悩んでいるのであれば、是非この記事を読んで保護犬を家族に迎え入れることを前向きに検討してくれたら嬉しいです。

\保護犬のしつけは時間が掛かることがあります/

保護犬のしつけは難しい?ゆっくり焦らずトレーニングしよう!保護犬のしつけは大変なのか知りたいですか?本記事では、保護犬を譲渡してもらった経験をもとに保護犬のしつけやトレーニングについて紹介しています。保護犬に興味がある方は参考にしてみて下さい。...
ABOUT ME
すだこ
はじめまして。当ブログの運営者『すだこ』です。2頭のパピチワ(パピヨン×チワワ)と暮らして早6年が経ちます。当ブログでは、可愛い愛犬のためにどのような犬用品を購入したらいいか悩んでいる飼い主さんへ向けて、おすすめの犬グッズやサービスを紹介しています。【わんコミ】をよろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。