犬との暮らし

保護犬のしつけは難しい?ゆっくり焦らずトレーニングしよう!

保護犬を家族に迎え入れたいけれど、

  • しつけって大変?
  • トレーニングって時間かかる?

と考えてしまい、里親になるための1歩を踏み出せずに悩んでいませんか?

我が家ではペットショップから迎え入れた先住犬と、保護施設から迎え入れた元保護犬の2頭飼いなのですが、結論から言うとどちらもしつけは難しくて大変です。「保護犬だから大変」というわけではないように感じます。

しかし、保護犬のしつけに苦戦している飼い主さんがいるのは事実ですし、しつけが難しいと言われるのには理由があります。

相手は話せないので難しくて当たり前!

そこで本記事では、

  • 保護犬を迎え入れたいけど、しつけが難しそう
  • 保護犬のトレーニングって時間がかかりそう

と考えている方へ向けて、我が家で保護犬を譲渡してもらった経験を元に、保護犬のしつけやトレーニングについて紹介しています。

保護犬を家族に迎え入れようか検討中の方の参考になれば幸いです。

保護犬のしつけやトレーニングが難しいと言われる理由

保護犬のしつけが難しいと言われる理由を以下にまとめました。

  • どのような環境で生活していたかわからない
  • 変なクセが付いている
  • しつけされず保護されている

どのような環境で暮らしていたかわからない

保護される前に『どんな環境で暮らしてきたか・どんな経験をしてきたか』などわからないことが多いと、しつけやトレーニングは難しくなります。

過去に虐待を受けていたり辛い経験をして何かしらトラウマがある子は、

  • 男の人が嫌いで逃げてしまう
  • 足を触られると攻撃的になってしまう
  • 抱っこされると震えが止まらない
  • 大きい音が怖くて興奮してしまう
  • 子供が嫌いで吠える

というように、しつけ中に恐怖心を抱いて「また嫌なことをされるかも!」と、吠えたり怖がったりパニックを引き起こすこともあります。

しつけ自体が保護犬を追い詰めてしまうのです。

ぺこ

臆病の子や警戒心が強い子も多いよ。

吠えられたり怖がられたりして「しつけが大変、難しい」と考えてしまう飼い主さんも多いです。

なので、気になる保護犬がいたら、

  • どのような性格か
  • トラウマや嫌いなことはないか
  • どのように保護されたか

といったことをあらかじめ保護施設のスタッフさんに聞いておくといいでしょう。

〝ぺこ〟は人も犬も大好きな性格だったので助かりました。

ぺこ

おうちにもすぐに慣れたよ。

変なクセが付いている

保護犬とは野良犬を保護するだけでなく、

  • 犬を飼えない環境になった
  • 無駄吠えが近所迷惑になるから
  • 攻撃的で噛んでくるから

といった人間の勝手な理由で飼育放棄され保護される子も多いのが事実です。

ぺこ

悲しい理由で保護される子がたくさんいるよ…

そのため、前の飼い主のしつけ次第では、

  • 外でしか排泄しない
  • 要求すればなんでも応えてくれると思っている
  • 人間のベッドでしか寝ない
  • 英語のシグナルしか反応しない

などといったように、変な〝クセ〟が付いている場合もあります。

あらかじめしつけされているものを矯正しなければならないので、しつけに時間が掛かって大変と感じてしまうのでしょう。

犬のしつけには根気と時間が必要だということを理解して迎え入れましょう。

初めから重い通りにはいきません。

しつけされずに保護されている

  • 野良犬
  • 繁殖犬
  • 飼育放棄された犬

こういった犬たちは、しつけされずに生活してきた可能性が高いです。

何もしつけされず今まで生きてきたのだからしつけが難しいのは当たり前ですよね。

ペットショップの犬にも言えることですね。

我が家の愛犬〝ぺこ〟は生後7か月の頃我が家に迎え入れたので、まだ子犬でほとんどしつけがされていない状態でした。

『保護犬カフェ』で譲渡してもらった〝ぺこ〟ですが、クレートの中で寝ていた〝ぺこ〟は、朝になると自分の排泄で体中が汚れていたことが多かったそうです。

  • トイレトレーニングをせずに保護された
  • 保護される前もトイレ以外のいろんな場所で排泄していた

ということが考えられますよね。

ぺこ

汚れても全然気にならなかったけどね♪ 

そのため、譲渡してもらう際にスタッフさんに「この子はトイレを覚えるのに時間が掛かるかもしれません」と伝えられました。

本当にその通りになり、ペットショップから迎え入れた先住犬〝ふく〟はすぐにトイレを覚えてくれましたが、元保護犬〝ぺこ〟はトイレトレーニングにかなりの時間を費やしました。

ソファに粗相しまくり1台ダメにするほどでした。

しつけされていなければ正解を知らない分トレーニングしやすい面もありますが、「何をしても平気」と覚えてしまっている子もいるのでしつけが難しくなることもあります。

子犬であろうが成犬であろうが、譲渡してもらった以上あなたが1からしつけを行わなければなりません。

覚悟を持って保護犬と向き合っていきましょう。

しつけ教材でトイレトレーニングの方法を勉強しておけばよかったです。

\販売開始から売り上げ4年連続No.1/

2022年版もバージョンアップ完了!

保護犬のしつけ・トレーニングは気長にやろう

保護犬の中には、

  • 劣悪な環境で暮らしていて臆病になっている
  • 人間を信用できず警戒心が強くなっている

といった子も多くいます。

そのため、保護犬のしつけやトレーニングは気長にやっていきましょう。

しつけには時間が掛かって当たり前と考えよう

先ほども伝えましたが、我が家の愛犬〝ぺこ〟はトイレトレーニングにとても時間が掛かりました。

先住犬〝ふく〟が1ヶ月でトイレを覚えたのに対して、〝ぺこ〟は半年くらいは粗相をしていました。

過去の環境からか「やわらかい場所でおしっこすればいいんだよね?」という感じで、クッションやソファでばかりおしっこしてました。

譲渡してもらう時に説明を受けていたので「まぁこんなものだよな」という感じでトレーニングしていました。

  • しつけに時間がかかる
  • 失敗ばかりしている

といった経験をすると、もしかしたら保護犬のことをイヤになってしまう人もいるかもしれません。

はじめから「時間が掛かるのが当たり前」と思ってしつけに挑めば、そこまで精神的に苦痛を感じることはないはずです。

「理想のドッグライフと全然違う…」とがっかりせず、気長にコツコツとスローペースでトレーニングしてあげて下さい。

時間が掛かっても諦めずにトレーニングすることで、成功した時の喜びは大きくなりますし、犬との絆も深まっていきますよ。

毎日癒してもらってます。

環境に慣れさせて性格や特徴を理解してあげよう

保護犬は新しい家族や初めてみるものに不安がいっぱいで、新しい環境に慣れるのには時間が掛かります。

環境の変化から緊張したり、ストレスを感じることも多くあります。

すぐに色々とトレーニングしたい気持ちもわかりますが、まずは新しい環境に慣れさせてあげることも大切です。

家族に心を開いていない状態でトレーニングを行ってもうまくいきません。

保護犬の中には、過去のトラウマから触られることや見つめられるだけで恐怖を感じてしまう子も少なくありません。

その為、

  • 長い時間一緒にいてあげる
  • 少しづつ話しかてあげる
  • 少しずつ撫でたり触ってあげる

など、新しい家族とたくさんコミュニケーションをとる必要があります。

あなたのことを信頼できる人だとわかったら、トレーニングも上手にやっていけるはずです。

臆病だったり神経質な子もいれば、反対にヤンチャをしてしまう子もいます。

  • 集中力がないから今日のトレーニングはこのくらいにしておこう
  • すぐ興奮するから落ち着かせてからトレーニングしよう
  • 大きい音が怖いみたいだから大声は出さないようにしよう
  • 怖がりだからそっと撫でるようにしよう

などといったように、譲渡してもらった保護犬の性格や特徴を理解してあげることも大切です。

犬も人と同じように個性があるので、その子の色を大切にしてあげて下さい。

ぺこ

あたちは落ち着きないから短期集中型かな?

ふく

ぼくはビビりだからワチャワチャ撫でられるのが嫌い。

保護犬のしつけは難しい?|まとめ

  • どのような環境で生活していたかわからない
  • 変なクセが付いている
  • しつけされず保護されている
  • しつけは時間が掛かって当たり前
  • 新しい環境に慣れさせてあげる
  • 性格や特徴を理解してしつけする

「ソファの1台くらいどうってことない!」という大きな気持ちで、しつけやトレーニングを行うことも大切です。

買って1年のソファだったので正直ショックでしたが、トレーニングに時間が掛かった分、成功した時の喜びは大きいです。

しつけは難しくて時間が掛かってしまうのは当たり前。

ペットショップの犬もそうですが、保護犬の里親になる時は最後まで添い遂げるという覚悟と責任を持って家族に迎え入れて下さい。

\我が家の愛犬を譲渡してもらった『保護犬カフェ』についてはコチラで紹介/

『保護犬カフェ』は犬と触れ合えるカフェ?システムや特徴を紹介!『保護犬カフェ』について詳しく知りたいですか?本記事では、『保護犬カフェ』から愛犬を譲渡してもらった経緯から『保護犬カフェ』の特徴やシステムを紹介します。...
ABOUT ME
すだこ
はじめまして。当ブログの運営者『すだこ』です。2頭のパピチワ(パピヨン×チワワ)と暮らして早6年が経ちます。当ブログでは、可愛い愛犬のためにどのような犬用品を購入したらいいか悩んでいる飼い主さんへ向けて、おすすめの犬グッズやサービスを紹介しています。【わんコミ】をよろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。