ドッグフードレビュー PR

ドッグフード『ブッチ』の保存方法や賞味期限を解説!冷凍保存や冷蔵庫保存はできる?

ドッグフードといえば常温で保存できるカリカリのドライタイプが主流ですが、ドッグフード『ブッチ(Butch)』はウェットタイプの冷蔵商品になります。

そのため、初めて利用する飼い主さんが保存方法に悩むことが多いようです。

ブッチの鮮度を保つために保存方法は重要で、間違った方法で保存すると風味や質感が損なわれたり栄養価が低下して犬の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

そこで本記事では、ドッグフード『ブッチ(Butch)』を愛用中の飼い主さんや購入しようか悩んでいる飼い主さんへ向けて、ブッチを美味しく安全に保存する方法を紹介します。

\栄養バランスが良いウェットフード/

株式会社ブッチジャパンインク

初回¥3,000(送料込み)で特別トライアルセットが試せる!

『ブッチ(Butch)』の保存方法|基本は冷蔵保存

ブッチは冷蔵保存が基本になります。

  • 未開封でも冷蔵庫で保存する
  • 2~8℃の冷蔵庫で保存する

開封後は10日以内に消費する必要があるので注意して下さい。

未開封でも冷蔵庫で保存する

ブッチは人工保存料を使用していないペットフードなので、酸化や品質劣化を遅らせるために低温を維持して保存しなければなりません。

ニュージーランドの工場で製造されたブッチは、冷蔵機能が搭載されたコンテナ船で輸入され、クール便で配送されてきます。

未開封の状態でも、受け取ったらすぐに冷蔵庫で保管しましょう。

クール便で到着します。

2~8℃の冷蔵庫で保管する

ブッチは、冷蔵帯“2~8℃”での温度管理が最適です。

できるだけ温度変化の少ない場所での保存が好ましいので以下の点に注意して保存しましょう。

  • 冷風の吹き出し口近くにおいてしまうと、一部だけ凍ってしまうことがある
  • チルド室やパーシャル室などはメーカーや設定によって温度帯が異なる
  • ドアポケットなど外気に触れる場所への保存は控える

ブッチは、冷蔵庫のドアポケットに立てて保管できる大きさです。

あまり開閉しないほうのドアポケットに保存するか、深さのある野菜室での保存がおすすめです。

品質を落とさないように注意しましょう。

\栄養バランスが良いウェットフード/

株式会社ブッチジャパンインク

初回¥3,000(送料込み)で特別トライアルセットが試せる!

『ブッチ(Butch)』は冷凍保存も可能

ブッチはドライフードに混ぜて使用することもできるので、そのような場合は消費量が減ってしまいます。

「開封後7~10日で食べきるのは難しい」という場合は、冷凍保存も可能なので、

  • 1食分ずつ小分けにして冷凍保存する
  • 鮮度を保つため自然解凍する
  • 解凍後は1日で食べきる!再冷凍はNG!

といった点に注意し、開封した直後のフレッシュな状態で冷凍しましょう。

1食分ずつ小分けにして冷凍保存する

ブッチを丸ごと1本冷凍してしまうと、あとからスライスするのに手間がかかってしまいますし解凍に時間がかかってしまいます。

あらかじめ7~10日間で消費できる量は冷蔵庫で保存し、残りを1食分ずつに小分けして冷凍保存することをオフィシャルサイトでも推奨しています。

<冷凍方法>

1)清潔なナイフを用意し、パッケージ裏面の給与量ガイドラインを参考に、フードを1食分ごとに小分けしてスライスします。

2)小分けしたフードをひとつずつラップで包みます。

※ラップとフードをピッタリ密着させて空気を閉め出すことが、品質の保持につながります。

3)ラップしたフードを大きめのフリーザーバッグ等にまとめて冷凍庫に保管します。できるだけ急速に冷凍することが理想的です。

※バッグ内の空気をしっかり閉め出すことで、冷凍焼けが防げます。

ButchJapan

素手で触って品質を落とさないように注意しましょう。

品質劣化を防ぐために自然解凍がおすすめ

品質の劣化を防ぐためにも、愛犬に与える前日に冷凍庫から冷蔵庫に移しての自然解凍がおすすめです。

常温で置き過ぎたり、電子レンジで温めすぎて傷める心配がありません。

「冷蔵庫に移し忘れちゃった!」という場合は電子レンジでの解凍も可能ですが、温めすぎるとブッチが溶け出す可能性があるので注意してください。

オフィシャルサイトには、「一般的な家庭用電子レンジ(500~600W)で30~40秒ほど加熱してください」とありますが、温めすぎないように10秒ずつ様子を見ながら加熱するのがいいでしょう。

温めすぎも品質が落ちるので注意です。

解凍後は1日で食べきる!再冷凍はNG!

解凍後はとても傷みやすくなるため、1日で食べきるようにして下さい。

万が一愛犬が解凍したものを残してしまっても、一度解凍したあとの再冷凍は品質劣化を招くのでNGです。

1日で食べきらなければならないので、やはり冷凍するときは1食分ごとにカットしたほうがいいですね。

もったいないですが残したら廃棄するようにして下さい。

\栄養バランスが良いウェットフード/

株式会社ブッチジャパンインク

初回¥3,000(送料込み)で特別トライアルセットが試せる!

『ブッチ(Butch)』の賞味期限

『ブッチ(Butch)』はニュージーランド製のため、賞味期限が「日/月/年」の順番で記載されています。

表記されている賞味期限は未開封の場合ですので注意してください。

【例】

  • DOM(製造年月日)07/Apr/2023 → 2023年4月7日
  • BBD(賞味期限) 07/Dec/2023 → 2023年12月7日

1月=Jan、2月=Feb、3月=Mar、4月=Apr、5月=May、6月=Jun、7月=Jul、8月=Aug、9月=Sep、10月=Oct、11月=Nov、12月=Dec

開封前の賞味期限

未開封状態で冷蔵保存できていれば、お届けから約4~5カ月日持ちするとオフィシャルサイトに記載されています。

パッケージの日付をみると製造日から約9カ月の賞味期限があるようです。

人工保存料は使用されていませんが、

  • 天然由来の抗酸化作用のある栄養素が含まれている
  • 密閉されたパッケージ

ということから、長期間の保存が可能となっています。

未開封であれば長期間保存ができますね。

開封後の賞味期限

犬のフードも人間の食品と同じように、一度開封してしまうと傷みやすくなってしまいます。

保存状態にもよりますが、日持ちがしなくなるので、開封後は7日~10日を目安に食べ切るようにして下さい。

1週間を目安に与えるようにしましょう。

冷凍時の賞味期限

開封しても冷凍することで、未開封時の賞味期限まで保存することができます。

例えば、パッケージに

  • DOM(製造年月日)07/Apr/2023
  • BBD(賞味期限) 07/Dec/2023

と記載してあれば、開封してしまっても「2023年12月7日」まで冷凍保存が可能ということになります。

小分けしたブッチの賞味期限を忘れないように注意しましょう。

\冷凍保存もできるウェットフード/

株式会社ブッチジャパンインク

初回¥3,000(送料込み)で特別トライアルセットが試せる!

『ブッチ(Butch)』保存時の注意点

保存しておいたブッチを与えるときは、見た目や匂い、愛犬の食いつきなどから品質が落ちていないか確認するようにして下さい。

その他、

  • 食べ残しは与えない
  • キャップを下に立てて保存する
  • 冷凍すると食べない犬もいる

といったポイントに注意して与えましょう。

食べ残しは与えない

食いつきの良いブッチですが、もしかしたら愛犬が食べ残してしまうこともあるかもしれません。

食べ残したブッチは、

  • 常温に置かれて傷みやすくなっている
  • カットされ空気に触れる面が多くなって傷みやすくなる
  • 愛犬の唾液が付着し菌が繁殖してしまう

というように品質が劣化している可能性が高いので、食べ残しは廃棄するようにしましょう。

出してから10~15分程度で食べ切るのが望ましいです。

キャップを下にして立てて保存する

ブッチの「トライアルセット」を購入すると、専用のフレッシュキャップが付属してきます。

カットした断面に写真のようにフレッシュキャップをはめ込んで、キャップを下にして冷蔵庫内に立てておくと品質を落とさずに保存できるようになります。

専用のキャップがない場合には、断面にラップを巻いて輪ゴムで留めての保存もOKです。

キャップの方が保存が楽なのでトライアルセットの購入をおすすめします。

冷凍すると食べない犬もいる

冷凍してしまうと食感や香りが変わってしまうので、ブッチが大好きな子でも食べてくれなくなることがあるそうです。

「食い付きが悪くなったな」と感じたら保存方法や品質が劣化していないか確認してみましょう。

冷凍保存よりも冷蔵保存の方がフレッシュな状態を保つことができるので、基本は冷蔵庫で保存することをすすめます。

新鮮なブッチを食べてもらいましょう。

\オフィシャルサイトでチェック!/

株式会社ブッチジャパンインク

初回¥3,000(送料込み)で特別トライアルセットが試せる!

ドッグフード『ブッチ(Butch)』の保存方法|まとめ

  • 基本は冷蔵保存
  • 開封後は7~10日で食べ切る
  • 冷凍保存する時は1食分を小分けにする
  • 冷蔵庫で自然解凍する
  • 開封後と冷凍状態の賞味期限に注意

ブッチを一番フレッシュな状態で愛犬に食べてもらうためにも、保存方法は冷蔵保存を基本として下さい。

開封後は冷蔵庫で保存しながら7~10日を目安に食べ切るようにしましょう。

冷凍保存する時は1食分を小分けにして保存し、冷蔵庫で自然解凍することで品質の劣化を防ぐことができます。

愛犬の健康を守るためにも、いつでも新鮮な『ブッチ{Butch)』を提供できるように正しい保存方法を守りましょう。

\『ブッチ(Butch)』口コミ&レビューはコチラで紹介/

『ブッチ(Butch)ドッグフード』口コミ評判を徹底レビュー!愛犬に与えた評価を解説!ドッグフード『ブッチ』の評価を知りたいですか?本記事では、ブッチを実際に愛犬に与えてみた感想やブッチの特徴を紹介しています。ブッチに興味がある飼い主さんは是非参考にしてみて下さい。...
ABOUT ME
すだこ
当ブログの運営者『すだこ』です。2頭のパピチワ(パピヨン×チワワ)と暮らしています。当ブログでは、「犬グッズやドッグフードの口コミレビュー」「おすすめのサービス」「愛犬との暮らしに問題を抱えている飼い主さんの悩みを解決する方法」などを紹介します。【わんコミ】をよろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。