ドッグフードレビュー

効果があったダイエットドッグフードおすすめ【7選】フードで体重管理

  • おすすめのダイエットドッグフードを知りたい
  • 愛犬が太ってきたからダイエットしたい
  • 愛犬が太りやすいからフードで体重を管理したい

このような疑問にこたえていきます。

去勢・避妊手術をした犬はホルモンバランスが崩れてしまい太りやすくなってしまいす。

我が家の愛犬も避妊手術をしてから太りやすくなってしまい、体重が増える度にダイエットドッグフードに切り替えてきました。

そこで本記事では、我が家の愛犬にダイエットドッグフードを与えてみて、「減量に成功した!」「体重管理がしやすかった!」と効果のあったダイエットドッグフードを紹介します。

愛犬の肥満に悩んでいる飼い主さんは是非参考にしてみて下さい。

【⇓愛犬の体重が減らない時は食事を見直してダイエットしましょう⇓】

犬のダイエット方法は食事を改善しよう!体重が減らない原因は何?犬のダイエット方法を知りたいですか?本記事では、我が家の愛犬がダイエットに成功した方法を紹介しています。愛犬の体重に悩んでいる飼い主さん、是非参考にしてみて下さい。...

ダイエットドッグフードの選び方

以下のポイントに注意してダイエットドッグフードを選ぶことで、健康的に効率良く体重管理ができます。

  • 目的が減量か体重キープかで選ぶ
  • 高タンパク低脂質なフードを選ぶ
  • 飼育環境と消費カロリーから選ぶ
  • 炭水化物が少ないフードを選ぶ
  • 添加物が少ないフードを選ぶ
  • 繊維質の多いフードを選ぶ

目的が減量か体重キープかで選ぶ

ダイエットドッグフードには、減量用と大丈夫管理用の2種類があるので、あなたの愛犬の目的にあったダイエットフードを選ぶようにしましょう。

ダイエット目的なら減量用、体重をキープしたい時は体重管理用や去勢・避妊用がおすすめです。

我が家ではどちらも与えたことがありますが、減量用はどんどん体重が減ってダイエットに成功し、体重管理用は少し痩せたあと体重をキープする感じでした。

ぺこ

避妊手術してから太りやすくなっちゃったんだ…

うっき

MAX1㎏くらい体重が増えたけど、減量用を与えてなんとか体重が元に戻りました。

ふく

リバウンドしないように気を付けないとね!

高タンパク・低脂質なフードを選ぶ

消化の良い動物性タンパク質は、犬の体内で合成できない必須アミノ酸を効率よく体内に吸収することができるので、犬の身体に欠かせない栄養素です。

愛犬の身体に負担をかけずに減量するために、お肉や魚を主原料とした高タンパクで低脂質なダイエットフードを選ぶようにしましょう。

  • 筋肉や骨を形成する
  • 血液や内臓器官を形成する
  • 皮膚や被毛の健康を維持する

このように、お肉には犬の成長を促したり健康を維持する大切な役割があるので、ダイエット中でも身体のエネルギーが失われないように第一主原料がお肉のフードを選んであげて下さい。

うっき

チキン・馬肉・ターキー・タラなどの主原料が高タンパク・低脂質なのでおすすめです。

ぺこ

野菜も好きだけどやっぱりお肉が一番♪

ふく

香りが違うよね!

飼育環境と消費カロリーから選ぶ

高カロリーなフードでも運動が大好きな犬であればエネルギーを消費できますが、室内で飼育している小型犬などであれば、そこまで活発に動くわけではないですよね。

室内であれば温度の変化もあまりなく運動量も減るので、カロリーの多いフードを与えていると肥満の原因になってしまいます。

飼育環境や運動量、おやつを与えているかどうかなどから消費カロリーを考慮して、ダイエットフードを選ぶようにしましょう。

うっき

我が家の愛犬は、100gあたり300kcalないフードでダイエットに成功しました。

ぺこ

毎日散歩に行ってたのになかなか痩せなかったよね。

ふく

痩せにくいとか体質的な問題もあるのかもね!

炭水化物が少ないフードを選ぶ

日頃の散歩などで消費しきれなかった炭水化物は体内で脂肪となって蓄積されていくわけですが、犬のダイエットも人間と同じように、炭水化物(糖質)を減らすことが大切になってきます。

炭水化物を摂取した後の血糖値の上がりやすさや下がりやすさをGI値といい、GI値が低い方が効率よく炭水化物を摂取することができます。

犬のダイエットでも炭水化物(糖質)を減らすことが大切です。日常生活や運動で消費しきれなかった炭水化物は、体内で脂肪という形で蓄積されます。これは人間のダイエットでも同じことが言えますね。

低GIの食品は塔が血液にゆっくり吸収されるため太りにくく、高GIの食品は塔を素早く吸収するので、急激に等をため込もうと太りやすくなってしまいます。

なので、愛犬のダイエットが目的であるのであれば、できるだけGI値が低い食品を扱っているダイエットフードを選ぶようにしましょう。

  • 低GIの食品…玄米・エンドウ豆・ひよこ豆・さつまいも
  • 高GIの食品…米・じゃがいも・かぼちゃ・トウモロコシ

ダイエットフードの中にも高GIの食品が入っているものもあります。

炭水化物は完全に避けるのは難しい成分なので、なるだけ低GIの食品が多く含まれているダイエットフードを選ぶようにしましょう。

ぺこ

ダイエットって難しい…

添加物が少ないフードを選ぶ

  • 保存料
  • 防腐剤
  • 凝固剤
  • 着色料
  • 発色剤
  • フレーバー

以上のような人工添加物は、主に低品質フードの嗜好性アップや品質を長持ちさせるために使用されるので、高品質のフードであれば人工添加物は必要なくなってきます。

また、人工添加物を多く摂取すると涙やけや目ヤニの原因になったり、アレルギーを引き起こしたり毛並みのコンディションの悪化に繋がる可能性もあります。

また、無意味な添加物の過剰摂取は犬の胃腸に負担をかけ、消化・吸収・排泄などの働きを妨げるので、健康的なダイエットを行うことができなくなります。

愛犬の健康を第一と考えるのであれば、添加物の有無も考慮してダイエットを選ぶようにしましょう。

ぺこ

どうせなら健康的に痩せたいよね♪

繊維質の多いフードを選ぶ

繊維質の多い食品は腹持ちがいいですよね?

犬も同じで、繊維質が高いと満腹感を得られ、満腹感があれば愛犬も満足することでしょう。

また、食物繊維が豊富だと老廃物の排出にも効果があるので、健康的なダイエットを行うことができます。

その他、食物繊維には

  • 腸内環境を整える
  • 血糖値の急上昇を防ぐ
  • 血中コレステロールを低下
  • 満腹感を得やすく腹持ちが良くなる

このよな効果も期待できるので、お肉以外に野菜や果物も多く含まれているフードを選ぶと良いでしょう。

ぺこ

ごはんを変えてからウンチがいっぱい出るようになった…

うっき

1日3回以上はしてるよね…

ダイエットドッグフードおすすめ【5選】

我が家の愛犬に与えて効果のあったダイエットドッグフード(減量用・体重管理用)を紹介します。

  1. ヒルズ サイエンスダイエット(減量サポート)
  2. ニュートロ ナチュラルチョイス(減量用)
  3. ニュートロ シュプレモ(体重管理用)
  4. アカナドッグフード(ライト&フィット)
  5. オリジンドッグフード(フィット&トリム)
  6. ヤムヤムヤム
  7. ブッチ

①ヒルズ サイエンスダイエット(減量サポート)

ヒルズのサイエンスダイエットは我が家で初めて与えたダイエットフードで、減量に成功しました。

様々な年齢・体型の犬に対応するだけでなく、健康的な消化や体重管理が必要な犬など特別な栄養が必要な犬にも対応したフードが多いのが特徴です。

【特徴】

  1. 高タンパク・低脂質で健康的な筋肉をサポート
  2. 高品質な食材の組み合わせで代謝をサポート
  3. 天然由来の酸化防止剤を使用している
  4. 豊富なラインナップで目的で選べる

サイエンスダイエットの主原料は鶏肉(チキン・ターキー)で、低脂質・低カロリーなためダイエットに向いたフードになります。

ダイエットだけでなく、皮膚・被毛や免疫機能をサポートしてくれる亜麻仁などの成分が配合されています。

添加物不使用で、酸化物には天然由来の成分を使用しているので犬の健康に優しいのもポイントです。

うっき

ホームセンターでも見かけるので、気軽に購入できますね。

【デメリット】

  • アレルギーを持つ犬には不向き
  • 動物性油脂の詳細が不明

デメリットは、トウモロコシや小麦といった穀類を使用しているので、消化が悪かったりアレルギーを引き起こしてしまう可能性も考えられます。

また、何の動物の脂肪を使用しているのか表記が不透明なのもマイナスポイントになります

うっき

小麦は消化に良くないと言われているので、アレルギーを持つワンちゃんにはおススメできません。

②ニュートロ ナチュラルチョイス(減量用)

我が家の愛犬に一番効果のあったのがニュートロナチュラルチョイス(減量用)です。

2週間で200g痩せて、その後1ヶ月で更に500g痩せました。

【特徴】

  1. 低カロリー・低脂質で減量効果有り
  2. 主原料がチキンなので食いつきが良い
  3. 優れた栄養バランスで健康をサポート
  4. 厳選された自然素材を使用しているので安心
  5. アレルギー性の低い穀類を使用しているので安全
  6. 徹底した品質管理で信頼できる

ニュートロナチュラルチョイスは、チキンが主原料でその他厳選された自然食材を使用し、優れた栄養バランスで健康をサポートしてくれます。

カロリーが100gあたり295kcalと低いので、ダイエットが目的の犬におススメです。

うっき

内容量3kgを食べ切る前に目標体重までダイエットできました♪

【デメリット】

  • ウンチの回数が増えた
  • ビートパルプを使用している

デメリットはビートパルプを使用しているという点です。

ビートパルプは食物繊維が豊富でウンチを固めてしまい、便秘になる可能性があったり、かさ増し目的で使用されることもあります。

絶対にダメというわけではありませんが、ない方がいいと言われる成分になるので、気になる飼い主さんはビートパルプが入っていないプレミアムドッグフード等を与えてみた方がいいかもしれませんね。

うっき

ウンチの状態はプレミアムドッグフードに比べると悪くなりますした。

【⇓ニュートロナチュラルチョイス(減量用)の詳しい情報はコチラ⇓】

ニュートロ『ナチュラルチョイス(減量用)』口コミ&レビューニュートロから販売されている『ナチュラルチョイス(減量用)』の口コミを知りたいですか?本記事では、ナチュラルチョイス(減量用)の特徴や愛犬に与えてみた感想を紹介しています。...

③ニュートロ シュプレモ(体重管理用)

ニュートロのもう1つのブランド、シュプレモから販売されている体重管理用のフードになります。

体重管理用ですが200gほど痩せました。

その後は体重をキープしていました。

【特徴】

  1. 主原料にチキンをたっぷり使用
  2. 厳選された自然素材を使用
  3. 優れた栄養バランスで健康をサポート
  4. アレルギー性の低い穀類を使用
  5. 徹底された品質管理

ニュートロシュプレモの最大の特徴は〝ホリスティック・ブランド〟という独自の製法を採用しているという点です。

厳選した自然素材同士を最適に組み合わせることにより、栄養素による相互作用を引き出すブレンド方法です。

高い栄養価と最適な栄養バランスで愛犬の健康をサポートしてくれます。

うっき

原料に成功してから体重管理用を与えて体重をキープしています。

【デメリット】

  • ビートパルプを使用している

デメリットは、ニュートロナチュラルチョイスと同じでビートパルプを使用しているということですね。

うっき

同じニュートロ製品なのでビートパルプが配合されていますね。

【⇓ニュートロシュプレモ(体重管理用)の詳しい情報はコチラ⇓】

ニュートロ『シュプレモ(体重管理用)』の評価!特徴&レビューニュートロシュプレモの口コミを知りたいですか?本記事では、ニュートロシュプレモ(体重管理用)を愛犬に与えた感想や特徴を紹介しています。購入を考えている飼い主さんは是非参考にして下さい。...

④アカナドッグフード(ライト&フィット)

アカナドッグフードは、チャンピオンペットフーズ社が製造販売を手掛けるカナダ産のドッグフードです。

我が家の愛犬は少し減量し体重キープという感じでした。

【特徴】

  1. 新鮮で安全な原材料
  2. 徹底した品質管理
  3. 高タンパク低脂質
  4. 豊富な野菜や果物
  5. 穀類や小麦を使用していない

アカナドッグフードの種類の一つ『ライト&フィット』は、体脂肪の原因となる炭水化物や脂質を控えた全年齢向けのドッグフードで、体重管理が必要な犬におススメです。

高タンパクで低脂質なのはもちろんのこと、豊富な果物や野菜からビタミン・ミネラルを摂取し犬の健康をサポートしてくれます。

穀類や小麦を使用していないのも嬉しいポイントです。

うっき

アレルギーの心配は少なくなりますね。

【デメリット】

  • 価格が高い
  • 粒が大きい

デメリットは値段が高いという点と粒が大きいので小型犬には不向きという点です。

フードを噛まずに飲み込んでしまう犬は注意が必要です。

うっき

粒は大きめですが我が家の愛犬は噛んで食べることができました。

【⇓アカナドッグフード(ライト&フィット)の詳しい情報はコチラ⇓】

アカナドッグフード『ライト&フィット』の評価!口コミ・レビューアカナドッグフード『ライト&フィット』の口コミを知りたいですか?本記事では、アカナドッグフード『ライト&フィット』の特徴や愛犬に与えてみた感想を紹介します。...

⑤オリジンドッグフード(フィット&トリム)

オリジンドッグフードはペットフードメーカーの中でも数多くの著名な賞を受賞しています。

地元の新鮮な原材料を使用し、国際的に知名度があります。

我が家の愛犬は少し減量して、その後は体重キープという感じでした。

【特徴】

  1. 新鮮な原材料
  2. 高タンパク低脂質
  3. 豊富な野菜や果物
  4. 穀類や小麦を使用していない
  5. 膝関節におススメ

オリジンドッグフードは、原材料に85%もの割合で肉を配合し、栄養価の高いタンパク質やエネルギーを犬に供給します。

鶏肉・七面鳥・魚類の肉をふんだんにしようしていますが、脂肪分とカロリーを抑えてくれているので良質な筋肉を求める犬や飼い主さんにおすすめです。

また、グルコサミンやコンドロイチンも配合されているので、膝関節にも効果のあるフードになっています。

うっき

カロリーは100gあたり353kcalになるので他のダイエットフードに比べると少し高めです。

【デメリット】

  • 価格が高い
  • 粒が大きい

デメリットはアカナドッグフードと同じで、値段が高いという点と粒が大きいという点になります。

うっき

高級ドッグフードということもあり継続は断念・・・

【⇓オリジンドッグフード(フィット&トリム)の詳しい情報はコチラ⇓】

オリジンドッグフード『フィット&トリム』口コミ・レビューオリジンドッグフード『フィット&トリム』の口コミを知りたいですか?本記事では、オリジンドッグフード『フィット&トリム』の特徴や口コミを紹介します。愛犬の体重管理をしたい飼い主さんは参考にしてみて下さい。...

⑥ヤムヤムヤム

『ヤムヤムヤム』は、メイン食材にジューシーな若鶏を贅沢に使用した、栄養バランスに優れたプレミアムドッグフードです。

国産の原材料を使用したヒューマングレードのフードなので身体に悪いものは入っていませんし、何よりも香りが良いのが特徴です。

【特徴】

  1. 国産ヒューマングレード素材を使用しているから安心
  2. 保存料・香料・着色料不使用なので安全
  3. 香りが良いので食い付きが良い
  4. 選べる2タイプの硬さから好みを選べる
  5. ドックフード特有のニオイがしない
  6. 簡単に砕けて噛みやすい
  7. 徹底した衛生管理と実績で信頼できる

主原料にタンパク質が豊富な上質な鶏肉を使用し、第二主原料には脳にエネルギーを与えたり腸のバランスを整える大麦や玄米を使用しています。

ビタミンやミネラルを補給する野菜類も多く含まれているので、バランス良く栄養を摂取できます。

保存料・香料・着色料は不使用なので犬も飼い主も安心できます。

ヤムヤムヤムは2種類あります。

  • ドライタイプ…100gあたり358kcal
  • やわらかドライタイプ…100gあたり280kcal

やわらかドライタイプの方が低カロリーなので、ダイエットにおすすめです。

うっき

鶏肉のジューシーさとかつお節の香りで食い付きがいいです。

【デメリット】

  • グレインフリーではない
  • コスパが良くない

犬の消化に良くないといわれる穀類が配合されていますが、犬の消化に良くないのは〝トウモロコシ〟などの穀類で、ヤムヤムヤムに配合されているのは厳選された〝大麦〟や〝玄米〟になります。

犬の健康に必要となってくるビタミン・ミネラル・繊維質などの栄養素を自然な形で接種することができるのですが、穀類の配合が気になる飼い主さんは控えた方がいいかもしれませんね。

また、内容量2㎏で『通常価格¥6,025』とコスパは良くないので、多頭飼いなどの場合は継続が難しくなってしまいます。

うっき

小麦も入っていないのでアレルギーの心配は少なくなります。

【⇓ヤムヤムヤムの特徴やレビューはコチラで紹介しています⇓】

ドッグフード『YumYumYum!ヤムヤムヤム』口コミ&レビュードッグフード『YumYumYum!ヤムヤムヤム』の口コミを知りたいですか?本記事では、ヤムヤムヤムの特徴や愛犬に与えてみた感想を紹介します。...

⑦ブッチ(Butch)

『ブッチ』は、ニュージーランド産の最高級の原材料を使用し、栄養価と安全性が高いことで幅広い層の飼い主に人気のあるドッグフードです。

生肉に近い水分量を保ち肉類の原材料が多く配合されていることや嗜好性の良いウェットフードになるので、犬の食いつきがいいのが特徴です。

【特徴】

  1. こだわりの無添加で安心
  2. 豊富な水分で健康をサポート
  3. 高タンパク・低脂肪で健やかな身体に
  4. 自然由来の原材料で健康バランスを維持
  5. 豊かな風味で食い付き抜群!
  6. 徹底した品質管理で信頼できる
  7. 温めて更においしい
  8. 単品でも混ぜてもOK
  9. ダイエットフードにもおススメ

ブッチは『人工添加物を一切使用していない』『自然由来の原材料を使用している』『徹底された品質管理』等から、犬も飼い主も安心・安全なフードになります。

全3種類の中から好みのレーベルを選ぶことができ、他のフードに混ぜても単品でも与えることができます。

カロリーは100gあたり約116kcalとかなり低カロリーなので、ダイエットに最適です。

うっき

他のフードに混ぜて与えて、体重はキープという感じでした。

【でメリット】

  • 保存期間が短い
  • カットするのが面倒
  • ブッチ単品だとコスパが悪い

デメリットは、冷蔵品のため保存期間が短くなることとカットするのが面倒ということです。

また、ブッチ単体であてるとコスパが悪くなるので、トッピングとして与えたり特別な日のご褒美として与えことをおすすめします。

うっき

低カロリーなので、ブッチ単品で与えるとフードボウルが一杯になってしまいます。

【⇓ブッチ(Butch)の特徴やレビューはコチラで紹介しています⇓】

ドッグフード『ブッチ(Butch)』の評価!特徴やレビューを紹介ドッグフード『ブッチ』の評価を知りたいですか?本記事では、ブッチを実際に愛犬に与えてみた感想やブッチの特徴を紹介しています。ブッチに興味がある飼い主さんは是非参考にしてみて下さい。...

まとめ:コスパや原材料を考慮するとニュートロか・・・

おすすめダイエットドッグフード【5選】
  1. ヒルズ サイエンスダイエット
  2. ニュートロ ナチュラルチョイス(減量用)
  3. ニュートロ シュプレモ(体重管理用)
  4. アカナドッグフード(ライト&フィット)
  5. オリジンドッグフード(フィット&トリム)
  6. ヤムヤムヤム
  7. ブッチ(Butch)

コスパを気にしなければ高級ドッグフードのオリジンでドッグフードで体重管理をしたいと思いましたが、コスパのことを考えると継続するにはニュートロかサイエンスダイエットかなと考えました。

現在は、原材料も考慮してマイナスポイントの少ないニュートロを与えています。

ニュートロナチュラルチョイス(減量用)でダイエットに成功し、その後はニュートロシュプレモ(体重管理用)で体重を維持しています。

この記事を参考に、愛犬のダイエットドッグフード選びをしてみてはいかがでしょか?

【⇓愛犬の早食いに悩んでいる飼い主さん『早食い防止食器』を試してみましょう⇓】

犬の〝早食いを防止する食器〟効果はある?口コミ&レビュー 愛犬の早食いを治したい!愛犬がご飯を食べた後に吐き戻しちゃう…早食い防止食器って効果あるの? このような疑問にこたえていきま...
ABOUT ME
うっき
はじめまして。当ブログの運営者『うっき』です。2頭のパピチワ(パピヨン×チワワ)と暮らして早5年、様々な犬グッズを購入してきました。当ブログでは、我が家で試した犬グッズの特徴や使用した感想を、愛犬家の皆さんへ紹介しています。犬グッズの紹介・口コミサイト【わんコミ】をよろしくお願いします。
テキストのコピーはできません。